三菱が「アウトランダーPHEV」を公開【パリサロン2012】

2012.09.06 自動車ニュース

【パリサロン2012】三菱が「アウトランダーPHEV」を公開

三菱自動車は2012年9月27日に開幕するパリモーターショーで、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」を公開する。2013年初めに国内で発売する予定。

「アウトランダーPHEV」は、2012年10月にフルモデルチェンジする新型「アウトランダー」をベースにした4WDのプラグインハイブリッド車。三菱が独自開発したEV(電気自動車)派生型の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載し、前輪を2リッター直4ガソリンエンジンとモーター、後輪をモーターのみで駆動する。61km/リッター以上の複合燃費(プラグイン走行時の燃費とハイブリッド走行時の燃費を複合した代表燃費値)と、880km以上の航続距離を目標とする。

用意される走行モードは3種類。リチウムイオンバッテリーに蓄えた電力だけを使ってモーターで走行する「EV走行モード」、エンジンを発電専用として動かしながらモーター走行する「シリーズ走行モード」、エンジンの駆動力を主体に走行しながらモーターでアシストする「パラレル走行モード」があり、走行状況やバッテリー残量に応じて最適なモードが自動で選択されるようになっている。リチウムイオンバッテリーの総電力量は12kWh。EV走行モードのみで55km以上の走行が可能という。

2013年初めに国内市場に投入し、その後、欧州や北米などで順次発売する予定。

(webCG 竹下)

「三菱アウトランダーPHEV」
「三菱アウトランダーPHEV」 拡大
前輪をガソリンエンジンとモーター、後輪をモーターのみで駆動。
前輪をガソリンエンジンとモーター、後輪をモーターのみで駆動。 拡大
「プラグインハイブリッドEVシステム」のイメージ図
「プラグインハイブリッドEVシステム」のイメージ図 拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース

三菱 アウトランダーPHEV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 プラグインハイブリッドでGO!<PR> デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/アウトランダーPHEV Gプラスパッケージ【試乗記】 2018.7.23 試乗記 「三菱アウトランダーPHEV」がビッグマイナーチェンジを受けた。そのハイライトは、主要構成部品の9割に手を入れたというプラグインハイブリッドシステムの刷新だ。デビューから5年間の集大成ともいうべき、三菱自慢のシステムの出来栄えを試した。
  • BMWインディビジュアルの外装色をまとった「118dインディビジュアルエディション」登場 2021.10.21 自動車ニュース BMWジャパンは2021年10月20日、コンパクトカー「BMW 118dプレイ エディションジョイ+」をベースに、特別な内外装を組み合わせた限定車「BMW 118d Individual Edition(インディビジュアルエディション)」を発表し、180台の台数限定で販売を開始した。
  • キャデラック・エスカレード スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.10.18 試乗記 かの地のセレブリティーの間で圧倒的な人気を誇るキャデラックのフルサイズSUV「エスカレード」。日欧の高級SUVとは一線を画すその魅力は、全面刷新を受けて登場した新型でも健在か? アメリカが生んだ唯一無二のラグジュアリーカーを試す。
ホームへ戻る