300psの「スバル・レガシィ」に先進の安全装備

2012.09.04 自動車ニュース

300psの「スバル・レガシィ」に先進の安全装備

富士重工業は、「スバル・レガシィ」シリーズに新グレード「レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT EyeSight」「レガシィB4 2.0GT DIT EyeSight」を追加設定し、2012年9月4日に発売した。

「レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT EyeSight」および「レガシィB4 2.0GT DIT EyeSight」は、2012年5月のマイナーチェンジを機に登場した300psのターボモデル「レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT」「レガシィB4 2.0GT DIT」をベースとする新グレードだ。

今回初めて、これら二つのスポーティーグレードに、ステレオカメラを使った最新の予防安全技術である「EyeSight(ver.2)」が搭載された。「スバルが目指す、安心感あるドライビングと走る楽しさを高い次元で両立した」という。

価格は「レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT EyeSight」が369万6000円で、「レガシィB4 2.0GT DIT EyeSight」が353万8500円。
「EyeSight(ver.2)」が付かないモデルとの差額は、10万5000円となっている。

(webCG 関)

「レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT EyeSight」
「レガシィツーリングワゴン2.0GT DIT EyeSight」 拡大
「レガシィB4 2.0GT DIT EyeSight」
「レガシィB4 2.0GT DIT EyeSight」 拡大

関連キーワード:
レガシィB4, レガシィツーリングワゴン , スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 「スバルWRX S4」の特別仕様車「STI Sport♯」登場 2020.7.6 自動車ニュース スバルは2020年7月6日、スポーツセダン「WRX S4」の仕様を一部変更し、同年8月20日に発売すると発表した。グレードラインナップを「STI Sport EyeSight」に一本化したほか、カタログ燃費の表記をJC08モードからWLTCモードに変更している。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る