メルセデスのSクラスに装備充実の特別仕様車

2012.08.23 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツSクラス」に装備充実の特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は、最上級セダン「メルセデス・ベンツSクラス」に特別仕様車「S350ブルーエフィシェンシー グランドエディション」と「S550ブルーエフィシェンシー ロング グランドエディション」を設定。2012年8月23日に販売を開始した。

今回の特別仕様車は、3.5リッターV6エンジンを搭載する「S350ブルーエフィシェンシー」と、4.7リッターV8ツインターボエンジンを積む「S550ブルーエフィシェンシー ロング」がベース。
専用デザインのスポイラーやサイドスカート、19インチアルミホイール、ブラックのアッシュウッドインテリアトリムなどが含まれるセットオプション「AMGスポーツパッケージ」があらかじめ組み込まれ、内外装がスポーティーにドレスアップされている。

「AMGスポーツパッケージ」の通常価格は80万円であるが、「S350ブルーエフィシェンシー グランドエディション」の価格は、ベースモデルより10万円高の1085万円に抑えられる。
あわせて、本革シートやパークトロニックといった装備がセットになった「ラグジュアリーパッケージ」(55万円)にガラススライディングルーフが加えられたのもニュースである。

一方の「S550ブルーエフィシェンシー ロング グランドエディション」には、「AMGスポーツパッケージ」(80万円)のほかに、コーナリング時に前席乗員をサポートするドライビングダイナミックシートや前後席のマッサージ機能、後席のオーディオコントロールスイッチなどがセットになった「ラグジュアリーシートパッケージ」(50万円)も追加。
130万円相当のアイテムを盛り込みながらも、価格はベースモデルに比べて10万円高の1545万円となっている。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツS550ブルーエフィシェンシー ロング グランドエディション」
「メルセデス・ベンツS550ブルーエフィシェンシー ロング グランドエディション」 拡大
「メルセデス・ベンツS350ブルーエフィシェンシー グランドエディション」
「メルセデス・ベンツS350ブルーエフィシェンシー グランドエディション」 拡大
「S550ブルーエフィシェンシー ロング グランドエディション」のインテリア。
「S550ブルーエフィシェンシー ロング グランドエディション」のインテリア。 拡大

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • シトロエンC3シャイン<エメラルドインテリア>(FF/6AT)【試乗記】 2021.1.27 試乗記 マイナーチェンジで見た目の印象が強まった、シトロエンのコンパクトハッチ「C3」。そのステアリングを握ったなら、つくり手のポリシーを感じるほどの、個性的な乗り味にも驚かされることだろう。
  • メルセデスが新型「Sクラス」を発売 高級サルーンのベンチマークがフルモデルチェンジ 2021.1.28 自動車ニュース メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を日本に導入。よりシンプルとなったデザインが特徴で、車内にはAR技術を用いたナビゲーションや立体的に映像を表示するディスプレイ、ジェスチャーコントロール機能など先進装備を満載。運転支援機能も大幅に進化している。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2021.2.24 試乗記 “フルモデルチェンジ並み”の改良が行われた「レクサスIS300h」に試乗。開発陣が主張する全面改良を選ばなかった理由や、こだわりの変更点をひとつずつ確かめていくと、そこには期待や予想を大きく超えた進化がみえてきた。
ホームへ戻る