メルセデスのSクラスに装備充実の特別仕様車

2012.08.23 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツSクラス」に装備充実の特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は、最上級セダン「メルセデス・ベンツSクラス」に特別仕様車「S350ブルーエフィシェンシー グランドエディション」と「S550ブルーエフィシェンシー ロング グランドエディション」を設定。2012年8月23日に販売を開始した。

今回の特別仕様車は、3.5リッターV6エンジンを搭載する「S350ブルーエフィシェンシー」と、4.7リッターV8ツインターボエンジンを積む「S550ブルーエフィシェンシー ロング」がベース。
専用デザインのスポイラーやサイドスカート、19インチアルミホイール、ブラックのアッシュウッドインテリアトリムなどが含まれるセットオプション「AMGスポーツパッケージ」があらかじめ組み込まれ、内外装がスポーティーにドレスアップされている。

「AMGスポーツパッケージ」の通常価格は80万円であるが、「S350ブルーエフィシェンシー グランドエディション」の価格は、ベースモデルより10万円高の1085万円に抑えられる。
あわせて、本革シートやパークトロニックといった装備がセットになった「ラグジュアリーパッケージ」(55万円)にガラススライディングルーフが加えられたのもニュースである。

一方の「S550ブルーエフィシェンシー ロング グランドエディション」には、「AMGスポーツパッケージ」(80万円)のほかに、コーナリング時に前席乗員をサポートするドライビングダイナミックシートや前後席のマッサージ機能、後席のオーディオコントロールスイッチなどがセットになった「ラグジュアリーシートパッケージ」(50万円)も追加。
130万円相当のアイテムを盛り込みながらも、価格はベースモデルに比べて10万円高の1545万円となっている。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツS550ブルーエフィシェンシー ロング グランドエディション」
「メルセデス・ベンツS550ブルーエフィシェンシー ロング グランドエディション」 拡大
「メルセデス・ベンツS350ブルーエフィシェンシー グランドエディション」
「メルセデス・ベンツS350ブルーエフィシェンシー グランドエディション」 拡大
「S550ブルーエフィシェンシー ロング グランドエディション」のインテリア。
「S550ブルーエフィシェンシー ロング グランドエディション」のインテリア。 拡大

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.24 試乗記 モデルラインナップは全7種類と、今や一大ファミリーとなったメルセデス・ベンツのSUV製品群。その中核をなすのが「GLE」だ。4代目となる現行型の出来栄えを、2リッターディーゼルターボを搭載したエントリーモデル「300d」の試乗を通して確かめた。
  • マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス」日本上陸 2020.9.10 自動車ニュース マイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス/Eクラス ステーションワゴン/Eクラス オールテレイン」が上陸。2020年9月10日、予約注文の受け付けが開始された。デリバリーは、同年9月から順次行われる。
  • メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を発表 新時代のユーザーインターフェイスを提案 2020.9.3 自動車ニュース 独ダイムラーが7代目となる新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表。新しいコンセプトが取り入れられたユーザーインターフェイスが特徴で、立体映像やVR技術を用いた情報表示、ジェスチャーによる各種機能の操作など、多数の新機軸が取り入れられている。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
ホームへ戻る