ホンダ「インテグラ」、8年ぶりのフルモデルチェンジ

2001.07.03 自動車ニュース

ホンダ「インテグラ」、8年ぶりのフルモデルチェンジ(7/3)

本田技研工業は、スポーティモデル「インテグラ」を8年ぶりにフルモデルチェンジし、2001年7月2日から販売を開始した。

2001年4月のニューヨーク国際自動車ショーで「アキュラRSX」としてお披露目されたニュー・インテグラ。従来の3ドアクーペと4ドアハードトップという構成から、2ドアクーペに集約し、よりスペシャルな性格を与えたスポーティクーペとして再登場した。

パワーユニットは、旧モデルの1.6リッター/1.8リッター直4から、2種類の2リッター直4「i-VTEC」エンジンにグレードアップ。ベーシックグレード「iS」には、160ps、19.5kgmを発生するマイルドなユニットを搭載。また高性能グレード「TYPE R」には、高回転時に吸・排気バルブタイミングリフト量を切り替えるVTECなどにより、220ps、21.0kgmの高出力を実現したユニットを採用した。
トランスミッションは、iSには5MTと5AT、TYPE-Rにはクロースレシオの6MTが設定される。

またTYPE-Rには、専用スポイラー、ブレンボ製フロントブレーキ、レカロ製フロントバケットシート、MOMO製皮巻き小径ステアリングホイールなどが標準装備される。

価格は以下のとおり。

iS(5MT) 174.0万円
iS(5AT) 187.0万円
TYPE R(6MT) 259.0万円。

iSには、プライバシーガラスや15インチアルミホイールが備わる「Sパッケージ」(+7.0万円)、TYPE Rには、リアワイパーや電動格納式リモコンドアミラーの「Cパッケージ」(+3.0万円)がメーカーオプションで選べる。

(webCG 有吉)

 
ホンダ「インテグラ」、8年ぶりのフルモデルチェンジの画像

関連キーワード:
インテグラ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ インテグラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 東京オートサロン2020(ホンダ) 2020.1.12 画像・写真 ホンダは東京オートサロン2020の会場で「シビックセダン」と「シビックハッチバック」のマイナーチェンジモデルや「シビック タイプR」の改良型を発表。純正コンプリートカーシリーズ「モデューロX」や無限のカスタマイズパーツ装着車などで賑わったブースを写真で紹介する。
  • 東京オートサロン2020展示車両(その10) 2020.1.12 画像・写真 2020年に設立40周年を迎えるインパル。日産車のカスタマイズカーブランドとして、創設者である星野一義氏とともにその名は世界に轟いている。スポーツモデルからミニバンまで、東京オートサロン2020の会場に展示されたインパルのカスタマイズカーを写真で紹介する。
  • 東京オートサロン2020(メルセデス・ベンツ) 2020.1.12 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は東京オートサロン2020のブースに電気自動車「EQC」や、ハイパフォーマンスモデル「AMG」の最新ラインナップのほか、SUPER GTに参戦するレーシングマシンなどを展示。ブースを彩るさまざまな車両を写真で紹介する。
  • 東京オートサロン2020展示車両(その11) 2020.1.12 画像・写真 日本車ベースのカスタマイズカーが数多く出展される東京オートサロン。しかしその中にあっても、イタリアンスーパーカーは特別な存在として来場者の視線を集めていた。大口径ホイールでカスタマイズされたTWSブースのフェラーリを写真で紹介する。
  • 東京オートサロン2020(マクラーレン) 2020.1.12 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブは東京オートサロン2020に初出展し、新型ミドシップモデル「マクラーレンGT」とスーパーシリーズのフラッグシップモデルである「720Sスパイダー」を展示。英国が誇る2台のスーパーカーを写真で紹介する。
ホームへ戻る