ブレイザー、右ハンドルで登場

1998.10.12 自動車ニュース

ブレイザー、右ハンドルで登場(10/12)

ヤナセは「シボレーブレイザー」の1999年モデルを発売した。最大の特徴は右ハンドル仕様となる。価格は328.0万円から。

シボレーのSUVである「シボレーブレイザー」1999年モデルにおける最大の特徴は全車右ハンドルとなったことだ。加えて最小回転半径が従来の6.5mから5.9mに縮小され、ウィンカーレバーとワイパーレバーが日本車と同じ位置になり、電動格納式ドアミラーや手動式パーキングブレーキ、内気循環機能付エアコンといった装備が採用されるなど、「日本市場を意識した数多くの改良」(ヤナセ)が施された。

「シボレーブレイザー」におけるラインナップは「LS」(328.0万円)、「LT」(368.0万円)で、いずれのモデルにも8ナンバーのキャンピング仕様「フォレシエスタ」がそれぞれ20万円高で設定されている。エンジンは全モデル共通して4.3リッターV6。最高出力は193psとなっている。トランスミッションは4段オートマチックがフロアに設けられている。4ドアにテールゲートをもつボディのサイズは全長×全幅×全高=4845(LTは4645)x1765x1730mmだ。

 
ブレイザー、右ハンドルで登場の画像

関連キーワード:
ブレイザー, シボレー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • シボレー・トレイルブレイザー(4AT)【海外試乗記】 2001.2.13 試乗記 シボレー・トレイルブレイザー(4AT)

    深刻さを増す環境問題とはうらはらに、自動車の最大市場たる北米では、巨大なSUVがまっさかり。トヨタ、ホンダ、メルセデスベンツ、BMW、そしてポルシェまでが参入するヨンク(風)マーケットで、シェアの低下に歯止めをかけたいGMが、ブランニューのSUVを送り出した!! ジャーナリスト河村康彦が、シボレー・トレイルブレイザーにメキシコで乗った。


  • ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバー 2020.6.10 自動車ニュース ダイハツがクロスオーバータイプの新型軽乗用車「タフト」を発売。個性的なデザインやガラスルーフ、機能的なラゲッジスペースが特徴の新モデルで、予防安全装備やコネクテッドシステムについてもダイハツ最新の機器が搭載されている。
ホームへ戻る