トヨタヴィッツユーロ仕様に乗る

1999.03.02 自動車ニュース

トヨタヴィッツユーロ仕様に乗る(3/2)

販売好調が新聞でも報道されているトヨタのスモールカー「ヴィッツ」。インターネットで販売している「ユーロスポーツエディション」に試乗した。

トヨタヴィッツは1リッター4気筒エンジンを搭載する、コンパクトなハッチバックです。外寸は小さくまとまっていますが室内空間は広く、スタイリングも従来のトヨタ車に比べるとあかぬけしているように思います。というのも、21世紀の世界戦略車種として、2002年からフランス工場で年間10万台が生産開始するなど、世界中で販売されることが決まっているからです。

試乗したのは、5段MTの2ドアです。「ユーロ」は「U」をベースに、ヨーロッパ仕様に準じたサスペンションセッティングをされているモデルです。実際、標準モデルにくらべると、ボディ剛性は高く、ハンドルを切れば少し硬めにセッティングされたサスペンションが確実に路面をとらえ導いてくれます。ロールを抑えるため前後ともスタビライザーが追加されているのが「ユーロ」の特徴です。スタビライザーを追加したぶん乗り心地が損なわれないようにバネレートも変えてあるようです。

ダンパーのリバウンド側の減衰力を上げているのも「ユーロ」ならではです。専用のアルミホイールによってオフセットを変えフロントサスペンションのスクラブも変更しているようです。総合的にセッティングを変えてこそ、独自の乗り味が実現できるのです。

中高速コーナーでの踏んばりはなかなかのものです。不安感はありません。ツイスティなコーナーでは、やや唐突に車体の向きを変えるリアのトーコントロールがやや気になります。それでも総体的に見れば、乗り心地も良く、重心の高さを考えるとよくセッティングされていると思います。

走行して知ったのは、音が静かという魅力もあるということです。エンジンが1リッターですからパワーを引き出すためにどうしても回してしまいます。しかしエンジンのノイズやこもり音は押さえられており、流れに乗っているときはひとクラス上のエンジンのクルマに乗っている感じすらします。シフトフィールもカシカシと小気味よく、運転する楽しさを感じさせます。

ボンネットをあけてエンジンルームを見ると、1950〜60年代に活躍したイタリアのチューニングメーカー、アバルトを思い出しました。アバルトの製品のなかでもっとも有名なのが「マルミッタアバルト」というマフラーなのですが、それに似た美しい曲線のエグゾーストマニフォールドを「ヴィッツ」はもっているのです。小さいクルマはエンジンの効率を最大限出すために補機類の研究にも力をいれるものです。かつては高価なプレミアム製品だったものが、いまやトヨタのリッターカーの標準装備となっています。トヨタが勝ちに出たときはこんなクルマをつくってしまうのだなとつくづく感じ入りました。価格は125.3万円です。(リポート 松本英雄)

 
トヨタヴィッツユーロ仕様に乗るの画像

関連キーワード:
ヴィッツ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴィッツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.5.13 谷口信輝の新車試乗 今回谷口信輝が試乗したのは、モータースポーツで戦うことも視野に入れて開発された「トヨタGRヤリス」。専用ボディーや新開発エンジンを持つこだわりの高性能ハッチバックを、プロはどう評価する?
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(後編) 2021.5.20 谷口信輝の新車試乗 2020年9月の発売以来、クルマ好きの視線を集めてきた「トヨタGRヤリス」。その走りにおいて、真に評価すべきポイントとは何か? あまたの高性能モデルを知るレーシングドライバー谷口信輝は、こう考える。
ホームへ戻る