ブレイザーとアストロにナビパッケージ登場

1999.05.31 自動車ニュース

ブレイザーとアストロにナビパッケージ登場(5/31)

ヤナセは、ブレイザーとアストロに、「ナビゲーションパッケージ」を設定した。特別価格で一式15万円。6、7月のみの限定企画だ。

シボレーの輸入元であるヤナセが、ブレイザーとアストロを対象に設定した「ナビゲーションパッケージ」は、最新型のナビゲーションシステムと7インチモニター(シボレーのロゴ入り)、TVアンテナ、AM/FMラジオ付CDプレイヤー(ブレイザーのみ)をセットとし、取り付け工賃も含めて一式15万円(消費税別)で装着できるというもの。6月1日から7月31日までの期間限定キャンペーンとして販売される。

装着されるナビゲーションシステムは、ボイスコントロール機能付のDVDシステムを採用。全国680都市で、住所をもとにしたピンポイント検索が約2500万件可能だ。地図は25mスケールまであり、家の形までわかる詳細表示機能も備えている。また音声入力により、ハンズフリー操作も可能となっている。モニターはインダッシュタイプだ。

なおシボレーブレイザー用の「ナビゲーションパッケージ」は全国限定200セット、アストロ用は100セットの販売となっている。

弊社「カーナビの達人」シリーズを編集している尾沢さんによれば、「モニターだけでも10万円以上するから、このパッケージは安い!」とのことです。それにしても「家のかたちまでわかるピンポイント検索」で自分の家の絵が出てきたりしたら、僕はかなりイヤだなあ。(Web CG スヤマ)

 
ブレイザーとアストロにナビパッケージ登場の画像

関連キーワード:
ブレイザー, シボレー, 自動車ニュース

シボレー ブレイザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル2.0 Rライン マイスター(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.15 試乗記 フォルクスワーゲンのスペシャルティーモデル「ザ・ビートル」の販売終了とともに、「タイプI」に始まった80年にもおよぶ「ビートル」の歴史が幕を閉じる。最後の特別仕様車「2.0 Rライン マイスター」に乗り“20世紀のアイコン”たる存在をあらためて考えた。
  • シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】 2001.9.8 試乗記 シボレー・ブレイザーLS(4AT)
    ……298.0万円

    1983年に登場したシボレー・ブレイザー。息の長いこの手のクルマのなかにあっても、いよいよモデル末期。熟成なったシェビーのSUVに、自動車ジャーナリスト、笹目二朗が乗った。


  • マクラーレンが新型ロードスター「エルヴァ」発表 アルティメットシリーズの最新作で399台を限定生産 2019.11.14 自動車ニュース 英マクラーレン・オートモーティブは、2019年11月13日(現地時間)、新型ロードスター「エルヴァ」を発表した。同モデルは、マクラーレンのラインナップにおける最上級に位置付けられるアルティメットシリーズの最新作で、台数399台の限定生産となる。
ホームへ戻る