ランボルギーニが時計メーカーと発表会を開催

2012.07.13 自動車ニュース

ランボルギーニが時計メーカーと発表会を開催

ランボルギーニ・ジャパンとスイスの高級時計メーカー「ブランパン」は2012年7月13日、共同で両社の新製品発表会を開催した。

発表会は、ブランパンがスポンサーを務める「ランボルギーニ・ガヤルド」のワンメイクレース「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジアシリーズ」が7月14日、15日に富士スピードウェイで開催されるのを記念して行われたもの。
ランボルギーニ・ジャパンは2011年9月のフランクフルトモーターショーで公開された「ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」、ブランパンはレースカーからインスピレーションを受けて作られたという時計「L-レボリューション スプリットセコンド フライバック クロノグラフ」をそれぞれ発表した。

「ガヤルド」のワンメイクレース「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」は2009年よりヨーロッパで開催されているが、アジアシリーズの開催は今年が初。開幕戦は5月にマレーシアのセパンインターナショナルサーキットで行われており、7月14日、15日の富士スピードウェイ戦が第2戦となる。

「ガヤルドLP570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」は、このワンメイクレース用の競技車両をベースとしたモデルで、「LP560-4」の3倍というダウンフォースを発生させるリアウイングや、クイックリリース式リムーバブル・エンジンフードなどが特徴。
最高出力570ps/8000rpm、最大トルク55.1kgm/6500rpmのエンジンに、6段2ペダルMTのトランスミッション「e-gear」が組み合わされる。車両重量(乾燥重量)は「LP560-4」より70kg軽い1340kg。
車両価格は3136万8750円で生産台数は世界限定150台。

(文と写真=工藤考浩)

「ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」
「ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ」 拡大
「L-レボリューション スプリットセコンド フライバック クロノグラフ」について説明するブランパンのアラン・デラムラ副社長兼マーケティング責任者。価格は540万7500円。
「L-レボリューション スプリットセコンド フライバック クロノグラフ」について説明するブランパンのアラン・デラムラ副社長兼マーケティング責任者。価格は540万7500円。 拡大
会場ではランボルギーニのアパレルライン「コレツィオーネ・アウトモビリ・ランボルギーニ」とブランパンのコラボレーションファッションショーも行われた。
会場ではランボルギーニのアパレルライン「コレツィオーネ・アウトモビリ・ランボルギーニ」とブランパンのコラボレーションファッションショーも行われた。 拡大
「LP560-4」の3倍のダウンフォースを発生させるというリアウイング。
「LP560-4」の3倍のダウンフォースを発生させるというリアウイング。 拡大
ブレーキキャリパーがレッドに塗装されるのはランボルギーニの歴史上初とのこと。
ブレーキキャリパーがレッドに塗装されるのはランボルギーニの歴史上初とのこと。 拡大
黒のスエード巻きにレッドのトップステッチがあしらわれた専用ステアリングホイール。
黒のスエード巻きにレッドのトップステッチがあしらわれた専用ステアリングホイール。 拡大
左からランボルギーニ・ジャパンのエジナルド・ベルトーリ代表、ランボルギーニのマウリッツォ・レジアーニ ディレクター兼モータースポーツ責任者、ブランパンのアラン・デラムラ副社長兼マーケティング責任者。
左からランボルギーニ・ジャパンのエジナルド・ベルトーリ代表、ランボルギーニのマウリッツォ・レジアーニ ディレクター兼モータースポーツ責任者、ブランパンのアラン・デラムラ副社長兼マーケティング責任者。 拡大

関連キーワード:
ガヤルド, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ガヤルド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルド(6MT)【海外試乗記(中編)】 2003.7.4 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルド(6MT)

    2003年のジュネーブショーでデビューした“ベイビィ”ランボこと「ガヤルド」。イタリアはローマの北、バレルンガ・サーキットで同車に乗った『webCG』記者が報告する。エンジンは? ギアボックスは?


  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ランボルギーニ・ガヤルド(6MT)【海外試乗記(前編)】 2003.7.1 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルド(6MT)

    2003年のジュネーブショーでデビューした“ベイビィ”ランボこと「ガヤルド」。「ムルシエラゴ」に続く新生ランボルギーニの第2弾に『webCG』記者が乗った。イタリアはローマの北、バレルンガ・サーキットからの報告。


  • ランボルギーニ・ガヤルド(6MT)【海外試乗記(後編)】 2003.7.5 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルド(6MT)

    500psの5リッターエンジンを搭載するランボルギーニ・ガヤルド。“手頃なランボ”を世に出すにあたって考慮されたことは? 『webCG』記者による試乗インプレッション。


ホームへ戻る