Coleman印のシボレー・キャプティバ限定発売

2012.07.12 自動車ニュース

コールマン仕様の「シボレー・キャプティバ」限定発売

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、SUV「シボレー・キャプティバ」に特別仕様車「キャプティバ Coleman Edition(コールマンエディション)」を設定し、2012年7月14日に30台限定で発売する。

「キャプティバ Coleman Edition」は、シボレーとアウトドアブランド「コールマン」とのコラボレーションにより生まれた特別仕様車。
ノーマルの「シボレー・キャプティバ」(359万円)に、以下の特別装備が加えられる。

・「Coleman」ネームステッカー(リアゲート部)
・ランニングボード(サイドステップ)
・レザーシート(前席シートヒーター付き)
・シボレーのボウタイ刺しゅう入りヘッドレスト(前席)
・電動スライディングサンルーフ
・SDカード対応カーナビゲーションシステム(AVN112M)
・リアビューカメラ

さらに購入者には、コールマンのグッズがセットになった「コールマンアドベンチャーパッケージ」(クーラーボックス+バーベキューセット+ピクニックテーブルセット+パーティーシェード+クアッドLEDランタン)がプレゼントされる。

ボディーカラーは、ホワイトパール、カーボンフラッシュメタリックの2色が用意される。価格は、ベースモデルより51万円高の410万円。

(webCG 関)

「シボレー・キャプティバ Coleman Edition(コールマンエディション)」
「シボレー・キャプティバ Coleman Edition(コールマンエディション)」 拡大

関連キーワード:
キャプティバ, シボレー, 自動車ニュース

シボレー キャプティバ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
  • 高性能ハッチバックモデル「トヨタGRヤリス」の販売がスタート 2020.9.4 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年9月4日、高性能ハッチバックモデル「GRヤリス」の販売を開始した。ラインナップは1.5リッター直3モデルと1.6リッター直3ターボモデルからなる4タイプで、販売価格は265万円~456万円となっている。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.10.16 試乗記 「優れた快適性こそが群雄割拠のSUV市場で際立つ新しい価値」というポリシーを掲げて登場した、シトロエンの新たなフラッグシップ「C5エアクロスSUV」。姿カタチは変われど、好事家を満足させるシトロエンらしさは受け継がれているのか? その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る