「キャプティバ」に最新ナビ搭載の特別仕様車

2013.07.04 自動車ニュース

「シボレー・キャプティバ」に最新カーナビ搭載の特別仕様車

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2013年7月4日、ミドルサイズSUVの「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ アドベンチャー」を発売した。7月27日から50台限定で販売する。

今回の「キャプティバ アドベンチャー」は、カーナビゲーションシステムと乗降をサポートするサイドステップを標準装備したモデル。搭載されるナビは、Panasonic製の最新モデル「CN-R500D」でメーターパネル横に設置され、従来型よりも操作しやすくなっている。

ボディーカラーは、カーボンフラッシュメタリックとスノーフレークホワイトパールの2色を用意。
価格は「キャプティバ アドベンチャー」が375万円。レザーシート、シートヒーター、電動スライディングルーフが備わる「キャプティバ アドベンチャー ラグジュアリー」は410万円。それぞれベースモデルの16万円高となる。

(webCG)

関連キーワード:
キャプティバ, シボレー, 自動車ニュース

シボレー キャプティバ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • 「シボレー・ブレイザー」の2002年モデル発表 2001.11.13 自動車ニュース 日本ゼネラルモーターズは、2002年型「シボレー・ブレイザー」の価格を発表し、2001年11月10日から販売を開始した。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • 変化する新時代のカーライフを語る|サッシャ(ラジオDJ)×藤島知子(モータージャーナリスト) 2021.9.27 シェルドライブ検定・特別対談<AD> 半年前に電気自動車を購入したラジオDJのサッシャさんと、マニュアルトランスミッションのコンパクトカーに6年間乗り続けているモータージャーナリストの藤島知子さんが、変化を続ける新時代のカーライフを語り合った。
  • 第215回:遥かなる『宇宙戦艦ヤマト』 2021.9.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。2代目「ホンダNSX」の生産が2022年12月に終了する。鳴り物入りで登場し、これまでの通算販売台数は2558台。ハイテクを満載した大和魂あふれるミドシップモデルは、なぜ短命に終わったのか。
ホームへ戻る