キャデラックとシボレー、Apple CarPlay標準に

2015.12.08 自動車ニュース
「Apple CarPlay」の表示イメージ。写真は北米仕様車のもの。
「Apple CarPlay」の表示イメージ。写真は北米仕様車のもの。 拡大

キャデラックとシボレーの2016年モデルが「Apple CarPlay」標準装備

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年12月8日、日本市場で販売するキャデラックおよびシボレーブランドの2016年モデル全車について、アップル社の「Apple CarPlay」を標準装備にすると発表した。

発表会における「Apple CarPlay」の実演シーン。手持ちのiPhoneが有する便利な機能を、車両側から使えるようになる。
発表会における「Apple CarPlay」の実演シーン。手持ちのiPhoneが有する便利な機能を、車両側から使えるようになる。 拡大
今回の「Apple CarPlay」標準化について説明する、ゼネラルモーターズ・ジャパンの石井澄人社長。自身、この機能の便利さについては日々実感しているとのことで、いわく「一度使ったら、やめられませんよ」。
今回の「Apple CarPlay」標準化について説明する、ゼネラルモーターズ・ジャパンの石井澄人社長。自身、この機能の便利さについては日々実感しているとのことで、いわく「一度使ったら、やめられませんよ」。 拡大
 
キャデラックとシボレー、Apple CarPlay標準にの画像 拡大

Apple CarPlayは、アップル社のスマートフォンであるiPhoneを車両に接続することで、iPhoneが持つ便利な機能を車両側で使えるようにするシステム。例えば、運転しながら、音声認識・解析機能のSiriを通じて通話やメッセージ送信が可能となるほか、車両のタッチパネルディスプレイから音楽の再生やカーナビゲーションの操作が行えるようになる。

ゼネラルモーターズ・ジャパンによれば、現在Apple CarPlayに対応しているアプリケーションの数は100種類ほど。今回のシステム標準化により、クルマの運転はこれまで以上に便利かつ安全になると主張する。

Apple CarPlayは、以下の2016年モデルに搭載される。2016年1月9日から、「キャデラックATSセダン/ATSクーペ」「シボレー・キャプティバ」などを皮切りに順次販売される見込みだ。

・キャデラックATSセダン
・キャデラックATSクーペ
・キャデラックCTS
・キャデラックATS-V
・キャデラックCTS-V
・キャデラック・エスカレード
・シボレー・キャプティバ
・シボレー・コルベットZ06

(webCG)

関連キーワード:
エスカレード, ATSクーペ, ATSセダン, CTSセダン, キャプティバ, コルベット, コルベット コンバーチブル, キャデラック, シボレー, -->, 自動車ニュース

キャデラック エスカレード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • GMが新型「キャデラック・エスカレード」を日本導入 東京オートサロン2021で日本初公開 2020.11.12 自動車ニュース GMジャパンが新型「キャデラック・エスカレード」を日本に導入。全長5.4mに迫るフルサイズSUVで、大型の湾曲型OLEDディスプレイを含む先進装備を多数搭載。グレードは「プラチナム」と「スポーツ」の2本立てで、2021年夏ごろの納車開始を予定している。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス【試乗記】 2021.7.23 試乗記 フォルクスワーゲンのフラッグシップ「アルテオン」がマイナーチェンジ。注目はこの改良を機に登場したステーションワゴン「アルテオン シューティングブレーク」である。流麗なフォルムと実用性の高さをうたうニューフェイスの仕上がりやいかに。
  • ボルボXC90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.20 試乗記 2種類の過給機にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせる、ボルボのラージサイズSUV「XC90 B6 AWD」。高速道路や山道を行くドライブ旅に出てみれば、グランドツーリングカーとしての優れた資質が見えてきた。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
ホームへ戻る