ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売

2017.05.30 自動車ニュース
「シボレー・キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」
「シボレー・キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年5月30日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」を発表した。同年6月3日に15台限定で発売される。

 
ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売の画像拡大
 
ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売の画像拡大
 
ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売の画像拡大

今回のキャプティバ パーフェクトブラック エディションIIは、ベーシックグレードの「シボレー・キャプティバ」をベースとする限定車。2016年6月に発売された「キャプティバ パーフェクトブラック」の第2弾にあたる。

最大の特徴は、ブラックミートケトルと名付けられた新色のボディーカラーや19インチのブラックペインテッドホイール、エンジンフードおよびテールゲートの専用デカールでドレスアップされた、ブラック基調のエクステリア。

インテリアも、ダークチタニウムのシートステッチで飾られ、後部席には、大型LEDディスプレイとDVDマルチプレーヤー、デジタルテレビチューナーを含む、Apple CarPlay/Android Auto対応のリアエンターテインメントシステムも備わる。

主な特別装備は以下の通り。

  • 専用19インチブラックペインテッドホイール
  • 専用デカール(エンジンフード/テールゲート)
  • シートステッチカラー(ダークチタニウム)
  • レザーシート(前席&後部左右席シートヒーター付き)
  • リアエンターテインメントシステム(10.2型大型LEDディスプレイ付き)
  • 後席専用DVDマルチプレーヤー
  • 後席専用デジタルテレビチューナー
  • ETC車載器

価格は、ベースモデルより30万円高の409万円。

(webCG)

関連キーワード:
キャプティバ, シボレー, 自動車ニュース

シボレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】 2001.9.8 試乗記 シボレー・ブレイザーLS(4AT)
    ……298.0万円

    1983年に登場したシボレー・ブレイザー。息の長いこの手のクルマのなかにあっても、いよいよモデル末期。熟成なったシェビーのSUVに、自動車ジャーナリスト、笹目二朗が乗った。


  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
ホームへ戻る