ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売

2017.05.30 自動車ニュース
「シボレー・キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」
「シボレー・キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年5月30日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」を発表した。同年6月3日に15台限定で発売される。

 
ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売の画像拡大
 
ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売の画像拡大
 
ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売の画像拡大

今回のキャプティバ パーフェクトブラック エディションIIは、ベーシックグレードの「シボレー・キャプティバ」をベースとする限定車。2016年6月に発売された「キャプティバ パーフェクトブラック」の第2弾にあたる。

最大の特徴は、ブラックミートケトルと名付けられた新色のボディーカラーや19インチのブラックペインテッドホイール、エンジンフードおよびテールゲートの専用デカールでドレスアップされた、ブラック基調のエクステリア。

インテリアも、ダークチタニウムのシートステッチで飾られ、後部席には、大型LEDディスプレイとDVDマルチプレーヤー、デジタルテレビチューナーを含む、Apple CarPlay/Android Auto対応のリアエンターテインメントシステムも備わる。

主な特別装備は以下の通り。

  • 専用19インチブラックペインテッドホイール
  • 専用デカール(エンジンフード/テールゲート)
  • シートステッチカラー(ダークチタニウム)
  • レザーシート(前席&後部左右席シートヒーター付き)
  • リアエンターテインメントシステム(10.2型大型LEDディスプレイ付き)
  • 後席専用DVDマルチプレーヤー
  • 後席専用デジタルテレビチューナー
  • ETC車載器

価格は、ベースモデルより30万円高の409万円。

(webCG)

関連キーワード:
キャプティバ, シボレー, 自動車ニュース

シボレー キャプティバ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • キャプティバにキャンピング仕様の限定車 2016.4.5 自動車ニュース シボレーの3列7人乗りSUV「キャプティバ」に特別仕様車「Camper(キャンパー)」が登場。小型キッチンシンクや車中泊用ベッド、バックドア用テントなど、キャンピングやアウトドアレジャーに便利な装備が採用されている。販売台数は50台限定。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • BMW 320iグランツーリスモ モダン(FR/8AT)【試乗記】 2013.6.19 試乗記 「BMW 3シリーズ」にも「グランツーリスモ」の名を持つバリエーションが加わった。より長く、背が高いボディーは、3シリーズをどう変えたのか。
  • シボレー「アストロ」「ブレイザー」の2001年モデル発売 2000.11.29 自動車ニュース 日本ゼネラルモーターズは、シボレーのミニバン「アストロ」およびSUV「ブレイザー」の2001年モデルを発表、2000年12月2日から発売する。主な変更点は次のとおり。■シボレーアストロ「LS 2WD」は、リモコンキーレスエントリーとディープティンテッドガラスを追加装備しながら、価格据え置きの299.0万円。「LS 4WD」には、クロームメッキのスチールホイールを標準装備して、346.0万円。「LT」には、後席オーディオリモコンを追加して、395.0万円となった。ドライブとレインは、いすれも4.3リッターV6エンジン(193ps、34.6kgm)+4段ATと従来どおり。すべて左ハンドルとなる。ベッドやガスコンロなどを標準装備するキャンピングカーシリーズ「フォレシエスタ」は、「LS」が365.0万円、「LT」が414.0万円。■シボレーブレイザーベーシックモデル「LS」を、旧モデルより30万円安くし、300万円を切る298.0万円に設定。ライバルとなるフォード・エクスプローラー(319.5万円〜)に対抗する。装備面では、6連奏マルチCDチェンジャーを追加装備したのが唯一の変更点。4.3リッターV6エンジン(193ps、34.6kgm)、4段AT、パートタイム4WDの組み合わせも旧モデルから引き継ぐ。ステアリング位置はすべて右だ。価格は、「LS」の上級グレード「LT」が349.0万円、「フォレシエスタ」の「LS」が318.0万円、「LT」が369.0万円。(web CG 有吉)「シボレー」サイト:http://www.chevrolet.co.jp/
ホームへ戻る