「シボレー・キャプティバ」に“オールブラック”な特別限定車

2016.06.28 自動車ニュース
「シボレー・キャプティバ Perfect Black」
「シボレー・キャプティバ Perfect Black」 拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年6月28日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ Perfect Black(パーフェクトブラック)」を発表した。同年7月2日に15台限定で発売する。

テールゲートデカール
テールゲートデカール 拡大
エンジンフードデカール
エンジンフードデカール 拡大
 
「シボレー・キャプティバ」に“オールブラック”な特別限定車の画像 拡大

キャプティバ Perfect Blackは、ブラックで統一されたスポーティーな外観が特徴の限定車。カーボンフラッシュメタリックで塗られたボディーに19インチブラックペインテッドホイールを組み合わせ、エンジンフードやテールゲートはデカールでドレスアップされる。

インテリアは、ダークチタニウムカラーのステッチがアクセントとなるレザーシートを採用。前席と2列目の左右席にはシートヒーターが備わる。10.2インチのディスプレイがセットになったリアエンターテインメントシステムや、後席乗員のためのDVDマルチプレーヤー、デジタルTVチューナーも与えられる。

キャプティバ Perfect Blackの特別装備は以下の通り。

【エクステリア】
・19インチブラックペインテッドホイール
・エンジンフードデカール
・テールゲートデカール

【インテリア】
・ダークチタニウムのシートステッチ
・レザーシート(前席&2列目左右席シートヒーター付き)
・リアエンターテインメント(パイオニア製10.2型大型LEDディスプレイ)
・パイオニア製後席専用DVDマルチプレーヤー
・パイオニア製後席専用デジタルTVチューナー
・パナソニック製ETCユニット

価格は409万円。

(webCG)

関連キーワード:
キャプティバ, シボレー, 自動車ニュース

シボレー キャプティバ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • キャデラックXT6ナイトクルーズエディション(4WD/9AT)【試乗記】 2020.4.21 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックに、3列シートの大型SUV「XT6」が登場。最新の高級モデルにふさわしいハイテク装備と、往年のアメリカ車を思わせるやさしい乗り味を併せ持つニューモデルは、欧州のライバルに勝るとも劣らない実力を備えていた。
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
  • キャデラックXT5クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.1 試乗記 キャデラックから、新型SUV「XT5クロスオーバー」が登場。熾烈(しれつ)なSUV市場に投入されるニューモデルの実力はどれほどのものか。車名もエンジンもプラットフォームも、従来モデルからすべてが一新されたキャデラック入魂の一台を試す。
ホームへ戻る