メガーヌ ルノースポールがマイナーチェンジ

2012.07.12 自動車ニュース

「ルノー・メガーヌ ルノースポール」がマイナーチェンジ

ルノー・ジャポンは2012年7月12日、一部仕様が変更された「メガーヌ ルノースポール」を発売した。

ルノーの「メガーヌ ルノースポール」は、3ドアハッチバックの「メガーヌ クーペ」をベースとするハイパフォーマンスモデル。現行モデルは2011年2月に国内で発売され、今回、そのマイナーチェンジ版が導入されることとなった。

最新型には、新たなデザインのヘッドランプやLEDのポジショニングランプ、ボディー同色のバンパーなどが与えられる。
インテリアについても、タコメーターの盤面の色が黄色から白になり、総クロス地だったレカロ製スポーツシートのサイドサポート部が合成皮革になるなどの変更が実施されている。

マイナーチェンジ最大のポイントとなるのは、2リッター直4ターボエンジンのアウトプットだ。排気量はそのままに、吸排気系の手直しやエンジンマネジメントの変更により、最高出力は250psから265psにアップ。最大トルクも34.7kgmからと36.7kgmへと増大した。

ハンドル位置が左側から右側になったのも大きな変化で、4色から選べるボディーカラーのうち、黄色は、これまでのソリッドイエロー(ジョン スポール)からメタリックイエロー(ジョン シリウス:15万円のオプション扱い)へと変更されている。

価格は据え置きの385万円。

また、今回のマイナーチェンジに合わせて、特別仕様車「メガーヌ ルノースポール トロフィー」も30台限定で同時発売される。

こちらは、標準サイズより1インチ大きな19インチのブリリアントブラックアロイホイール(レッドのライン入り)や「ブリヂストン・ポテンザ RE050A」に加え、専用ステッカーとシリアルプレートが与えられるモデルで、価格はノーマルの「ルノー・メガーヌ ルノースポール」より23万円高の408万円となる。

(webCG 関)

「ルノー・メガーヌ ルノースポール」
「ルノー・メガーヌ ルノースポール」 拡大
 
メガーヌ ルノースポールがマイナーチェンジの画像 拡大
 
メガーヌ ルノースポールがマイナーチェンジの画像 拡大
 
メガーヌ ルノースポールがマイナーチェンジの画像 拡大
特別限定車「メガーヌ ルノースポール トロフィー」の専用ステッカー。
特別限定車「メガーヌ ルノースポール トロフィー」の専用ステッカー。 拡大
 
メガーヌ ルノースポールがマイナーチェンジの画像 拡大

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.4 試乗記 マイナーチェンジで新世代の1.3リッターターボエンジンが採用された「ルノー・メガーヌ」に試乗。同ユニットを積む弟分の「ルーテシア」や従来型の1.6リッターモデルとの違いについてリポートする。
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
  • ロングドライブで知るルノー・メガーヌ スポーツツアラーの実力 2021.10.8 新しくなったルノー・メガーヌを味わう<AD> 新しい「ルノー・メガーヌ スポーツツアラー」はラインナップが「インテンス」に一本化されている。バカンスの国であるフランスの人々が生活に旅にと使い倒す標準グレードである。いわば“フランスの地物”ともいえる最新モデルをロングドライブに連れ出してみた。
ホームへ戻る