ホットな「ルノー・トゥインゴ」新デザインに

2012.07.12 自動車ニュース

「ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」新デザインで発売

ルノー・ジャポンは2012年7月12日、一部の仕様が変更された「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」を同年8月1日に発売すると発表した。

「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」は、ルノーのスポーティーなコンパクトカー「トゥインゴ ルノースポール」のドレスアップバージョン。青を基調とした独自のカラーリングが特徴で、その車名には、ルノーの名チューナーだったゴルディーニの名が添えられる。

約1年前の2011年6月に日本で発売された同車だが、2011年9月のフランクフルトモーターショーを機に、ベース車の「トゥインゴ」がマイナーチェンジ。これにともない、「トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」も、新型に入れ替わることとなった。

新旧の主な相違点は、ヘッドランプやバンパーといったエクステリアのデザイン処理。エンジンのデータや加速Gなどを表示する「R.S.モニター」、BluetoothやUSBジャックで外部データを取り込めるカーラジオなども与えられる。これまで特徴となっていた青のほか、白(ブラン グラシエ)のボディーカラーが選べるようになったのも新しい。

なお、1.6リッター直4エンジン(134ps/6750rpm、16.3kgm/4400rpm)の性能など、機関面での変更はない。

価格もこれまでと同じ245万円だ。

(webCG 関)

「ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」
「ルノー・トゥインゴ ゴルディーニ ルノースポール」 拡大
2ピースだったリアのランプも、4ピースの新デザインに。
2ピースだったリアのランプも、4ピースの新デザインに。 拡大
 
ホットな「ルノー・トゥインゴ」新デザインにの画像 拡大
「R.S.モニター」の画面。
「R.S.モニター」の画面。 拡大
こちらは、新色「ブラン グラシエ」のモデル。ボンネットからルーフへと続くストライプやインテリアのアクセントは、青ではなく、ボディーカラーに合わせてグレー系のものが採用されている。
こちらは、新色「ブラン グラシエ」のモデル。ボンネットからルーフへと続くストライプやインテリアのアクセントは、青ではなく、ボディーカラーに合わせてグレー系のものが採用されている。 拡大

関連キーワード:
トゥインゴR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
ホームへ戻る