マツダ、「ロードスター」を一部改良し発売

2012.07.05 自動車ニュース

マツダ、「ロードスター」を一部改良し発売

マツダは2012年7月5日、2人乗りオープンスポーツカー「ロードスター」を一部改良し発売した。

今回の一部改良では、ソフトトップ車とパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)車それぞれの個性を強調するため、コーディネートが明確に分けられた。

ソフトトップ車は「タイトスポーツ」をキーワードとした、スポーティーな黒基調のコーディネーションに。エクステリアでは、ブラックのフロントコンビネーションランプベゼル、ダークガンメタリックのアルミホイールなどを装備。インテリアでは、メーターフードを小型化するとともに、メーターリングと「RS」グレードのシートバックバーガーニッシュをグロッシーダークグレー塗装とした。

一方のRHT車は「プレミアムスポーツ」をキーワードに、各所に銀色のパーツを採用することで上質な味わいを追求。クローム調のフロントコンビネーションランプベゼルやアルミ調のメーターリングなどを装備する。

そのほか、ソフトトップ車、RHT車共通の主な変更点は以下のとおり

<エクステリア>
・フロントグリル開口部を拡大し、奥行きのあるデザインに変更。
・新デザインのフロントフォグランプベゼルを採用。
・フロントチンスポイラーを新採用。
・ボディーカラーに新色「ドルフィングレーマイカ」を採用。(「メトロポリタングレーマイカ」は廃止)

<インテリア>
・デコレーションパネルとステアリングホイールベゼルを新色「グロッシーダークグレー」に変更。(ソフトトップ車「S」グレードのステアリングホイールベゼルはオプション)
・本革シートに新色「タン」を追加。

<その他>
・スロットル制御プログラムをより緻密に設定することで、加速コントロール性を向上。(MT仕様)
・ブレーキブースター(制動倍力装置)の特性を変更することで、減速コントロール性を向上。
・アクティブボンネットを全モデルに標準装備

価格は、ソフトトップ車「S」(FR/5MT)の233万円からRHT車「VS」(FR/6AT)の292万円まで。

(webCG)

「マツダ・ロードスターRS RHT」
「マツダ・ロードスターRS RHT」 拡大
「ロードスターRS」
「ロードスターRS」 拡大
「ロードスターS RHT」
「ロードスターS RHT」 拡大
「ロードスターS」
「ロードスターS」 拡大

関連キーワード:
ロードスター, マツダ, 自動車ニュース

マツダ ロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
  • 「マツダ3セダン」に1.5リッターガソリンエンジン搭載モデルが登場 2020.5.21 自動車ニュース マツダは2020年5月21日、「マツダ3セダン」のモデルラインナップに1.5リッター直4ガソリンエンジン搭載車を追加設定し、販売を開始した。これまで1.5リッターエンジンは「ファストバック」のみに搭載されていた。
  • 第110回:マツダ・ロードスターSスペシャルパッケージ(前編) 2015.7.24 水野和敏的視点 「日産GT-R」の生みの親・育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は新型「マツダ・ロードスター」を取り上げる。
  • マツダが制御プログラムの最新化サービス「マツダスピリットアップグレード」をスタート 2021.2.19 自動車ニュース マツダは2021年2月19日、保有車両の商品性向上を目的とした制御プログラムなどの最新化サービス「マツダスピリットアップグレード」を開始したと発表した。第1弾となる今回は「マツダ3」と「CX-30」の初期型モデルが対象となっている。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
ホームへ戻る