「ティアナ オーテック仕様」がマイナーチェンジ

2012.06.27 自動車ニュース

オーテック、「ティアナ アクシス」「ティアナ プレミアムセレクション」をマイナーチェンジ

日産の特装車を企画・生産・販売するオーテックジャパンは2012年6月27日、「ティアナ」をベースにしたカスタムカー「アクシス」と、特別仕様車「プレミアムセレクション」をマイナーチェンジし、日産の販売会社を通じて発売する。

ティアナ「アクシス」は、専用のエクステリアデザインと、本革シートなど高級感のあるインテリアが施されたカスタムカー。
「プレミアムセレクション」は、ドアを開けるとシートの着座点が持ち上がるとともに9度外に回転し、乗り降りをサポートする「おもてなしシート」を装備した特別仕様車。

今回のマイナーチェンジでは、カーウイングスナビゲーションシステムを「アクシス」の2.5リッター車に標準装備したほか、ベース車のティアナと同様に新デザインのリヤコンビランプの採用やメーターデザインの変更、車両情報ディスプレイなどに白色照明の採用、ナビゲーションなど各種スイッチ類の色変更などを行っている。

車両価格は、「アクシス」が「250XE」の361万2000円から「350XV」の479万6400円まで。「プレミアムセレクション」が「250XL」の312万5850円から「250XL FOUR」の351万7500円まで。

(文=工藤考浩)

「ティアナ アクシス」
「ティアナ アクシス」 拡大
「ティアナ プレミアムセレクション」の「おもてなしシート」
「ティアナ プレミアムセレクション」の「おもてなしシート」 拡大

関連キーワード:
ティアナ, 日産, 自動車ニュース

日産 ティアナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)/350XV(FF/CVT)【試乗速報】 2008.6.20 試乗記 日産ティアナ250XV(FF/CVT)/350XV(FF/CVT)
    ……335万4750円/425万7750円

    “モダンリビング”路線の嚆矢である「ティアナ」がフルモデルチェンジされ、2代目となった。路線継続を謳いつつも、新たなテーマとして付け加えられたのが「OMOTENASHI(おもてなし)」である。アジア市場を狙う戦略車は、どう変わったのか。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2008.9.19 試乗記 ……335万4750円
    総合評価……★★★

    モダンリビングコンセプトを受け継いだ、2代目「日産ティアナ」。そのターゲットは中国市場に傾きつつあるが、日本でも魅力のあるセダンなのか? 450kmの走行でOMOTENASHIを受けてきた。
ホームへ戻る