白いボディーの限定版「シトロエンC5」発売

2012.06.27 自動車ニュース

「シトロエンC5」シリーズの限定車、「リミテッドスタイル」発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2012年6月27日、シトロエンのセダン「C5セダクション」とそのワゴンバージョン「C5ツアラー セダクション」に、特別仕様車「Limited Style(リミテッドスタイル)」を設定。それぞれ25台限定で発売した。

今回の特別仕様車は、「シトロエンC5」シリーズのエントリーグレードをベースに、装備を充実させたもの。
セダン、ワゴンともに、ホールド性にすぐれるというハーフレザーシートのほか、クロムのドアミラーカバーやサイドウィンドウモールディング、18インチアルミホイールが与えられる。
ボディーカラーは、両モデルとも「ブラン ナクレ」(パールホワイト)のみとなる。

価格はベースモデルと変わらず、セダン「C5セダクション」が399万円で、ワゴン「C5ツアラー セダクション」が419万円。通常は6万900円の別料金となるメンテナンスプログラムも含まれる。

(webCG 関)

「シトロエンC5 セダクション リミテッドスタイル」
「シトロエンC5 セダクション リミテッドスタイル」 拡大
ドアの上端にはクロムのモールディングが入れられる。
ドアの上端にはクロムのモールディングが入れられる。 拡大
特別装備のハーフレザーシート。
特別装備のハーフレザーシート。 拡大
「シトロエンC5ツアラー セダクション リミテッドスタイル」
「シトロエンC5ツアラー セダクション リミテッドスタイル」 拡大

関連キーワード:
C5, C5ツアラー, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第179回:大山鳴動して鼠一匹出ず 2020.6.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第179回は「大山鳴動して鼠一匹出ず」。フェラーリを増車したのもつかの間、またもや魅惑的なターゲットが現れた。「DS」と同様、長年、筆者の心を捉えてやまない、シトロエン車伝統のある装置とは?
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • シトロエンC6(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2007.2.22 試乗記 ……682.0万円
    総合評価……★★★★★

    2006-2007年インポートカーオブザイヤーを受賞した「シトロエンC6」。独創のハイドロニューマティックやデザインの斬新さばかりが取り上げられるが、走ってみれば実は速いクルマなのだという。その理由は……。
  • あまりに罪つくりな電気自動車「ホンダe」に試乗した 2020.9.9 デイリーコラム かわいいデザインで話題の「ホンダe」に、2020年10月30日の発売を前に乗れるチャンスがやってきた。与えられた試乗時間はわずか30分。渋滞気味の都内一般道で得られた感触をリポートする。
  • ロールス・ロイスが新型「ゴースト」を発表 従来モデルからシャシーもエンジンも全面刷新 2020.9.2 自動車ニュース ロールス・ロイスのラグジュアリーサルーン「ゴースト」がフルモデルチェンジ。アルミスペースフレームを用いた車体に6.75リッターV12エンジンを搭載しており、新開発のサスペンションシステムや、四輪駆動、全輪操舵の採用もトピックとなっている。
ホームへ戻る