「C5 X」で久々に復活! シトロエンの上級モデルに宿る前衛の魂

2021.04.26 デイリーコラム

戦前から続く“シトロエンの大型車”の系譜

先ごろ発表された「C5 X」は、シトロエンとしては久々の“大型モデル”だ。

もともと、近年のシトロエンには大衆車の「2CV」(1948年)と大型高級車の「DS」(1955年)という、2大ヘリテージの系統があった。それが、2014年にDSの名を冠するプレミアムブランドが新規に立ち上げられてからは、シトロエンはもっぱら2CV的世界観のクルマに注力するようになる。加えて「C6」や「C5」が生産終了になって以来、仏本国ではそのラインナップから大型モデルが不在となっていた。そんななか、全長4.8mを超える新型車が、意外にもDSでなくシトロエンから出てきたのである。

シトロエンは戦前から大型高級車をつくっていた。1919年創業の同社は、当時のニューウエーブといえる存在で、近代的な大量生産をヨーロッパメーカーのなかでいち早く導入した。低価格な大衆車のほうが主眼だったといえるが、大型高級車も同じような手法で量産し、フルライン体制を敷く。シトロエンの大型車は、モダンな存在だった。

製品そのものに目をやっても、シトロエンのDNAには革新性の追求が刷り込まれていた。1934年に登場した「トラクシオン アヴァン」は、前衛的な設計を極めていた。前輪駆動やモノコックボディーをはじめ、当時の最新技術・次世代技術が、全身に採用されていたのである。

トラクシオン アヴァンには、相似形のように小型モデルと大型モデルがあったが、大型モデルでも、ことさらなにかを誇示することはなかった。存在それ自体が革新的であり、前輪駆動ゆえの室内の広さや操縦安定性などが、高いレベルにあった。それにフレームレスのボディーの低さはそれだけで際立っており、一見普通を装っていても、あきらかにシトロエンだけがほかのクルマとは違ったのだ。

シトロエンの新たなフラッグシップモデル「C5 X」。
シトロエンの新たなフラッグシップモデル「C5 X」。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4805×1865×1485mm。シトロエン久々の“大型車”となる。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4805×1865×1485mm。シトロエン久々の“大型車”となる。拡大
1934年登場の「トラクシオン アヴァン」。低床のモノコックボディーにFFの駆動方式を組み合わせた、画期的なモデルだった。
1934年登場の「トラクシオン アヴァン」。低床のモノコックボディーにFFの駆動方式を組み合わせた、画期的なモデルだった。拡大
「トラクシオン アヴァン」には直列6気筒搭載モデルもあった。これはそのロングホイールベース版の戦後型モデル。
「トラクシオン アヴァン」には直列6気筒搭載モデルもあった。これはそのロングホイールベース版の戦後型モデル。拡大
シトロエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る