スズキの個性派「ソリオ バンディット」誕生

2012.06.18 自動車ニュース

「スズキ・ソリオ」に個性派の「ソリオ バンディット」誕生

スズキは、コンパクトなハイトワゴン「ソリオ」シリーズの仕様を一部変更し、2012年6月18日に発売した。さらに6月28日には、若向けの新グレード「ソリオ バンディット」を追加設定し、発売する。

今回「スズキ・ソリオ」には、以下の仕様変更が実施された。

・後席両側の乗降用グリップ追加
・防眩式ルームミラーの採用
・時間調整付フロント間欠ワイパーの採用
・「X」「S」グレードのアルミホイールのインチアップ(14インチ→15インチ)
・車体色「ルナグレーパールメタリック」の追加設定(特別仕様車BLACK&WHITEを除く)
・CVTオイル変更による、アイドリングストップシステム搭載車の燃費向上(JC08モード:21.2km/リッター→21.8km/リッター)

また、若者の多様な趣向に応えるモデルとして、より個性的な内外装をもつ新グレード「ソリオ バンディット」が追加される。その主な装備は、以下のとおり。

【エクステリア】
・専用デザインの前後バンパー
・専用デザインのディスチャージヘッドランプ
・ピアノブラック塗装とメッキを組み合わせたフロントアッパーグリルおよびバックドアガーニッシュ
・専用エンブレム
・専用デザインの15インチアルミホイール

【インテリア】
・ブラック基調のインストゥルメントパネルおよびドアトリム
・本革巻きのステアリングホイールとシフトノブ(一部ピアノブラック調)
・ストライプ柄の専用ファブリックシート表皮

【機能装備】
・リモート格納ミラー

なお、車体色は「ルナグレーパールメタリック」「ミステリアスバイオレットパール」「パールメタリックカシミールブルー」を含む全7色をラインナップする。

「スズキ・ソリオ バンディット」の価格は、168万3150円から180万6000円まで。
「スズキ・ソリオ」シリーズ全体の価格は、「G」(FF車)の138万2850円から「バンディット」(4WD車)の180万6000円までとなっている。

(webCG 関)

写真は全て「スズキ・ソリオ バンディット」
写真は全て「スズキ・ソリオ バンディット」 拡大
 
スズキの個性派「ソリオ バンディット」誕生の画像 拡大
 
スズキの個性派「ソリオ バンディット」誕生の画像 拡大
 
スズキの個性派「ソリオ バンディット」誕生の画像 拡大

関連キーワード:
ソリオ, ソリオ バンディット, スズキ, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ/ソリオ バンディット ハイブリッドMV【試乗記】 2020.12.24 試乗記 5ナンバー規格に収まるフットプリントと背高ボディーで人気の「スズキ・ソリオ」がフルモデルチェンジ。コンパクトさと広さの両立を求められる日本ならではのファミリーカー、その最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.3.8 試乗記 スズキのコンパクトハイトワゴン「ソリオ」が新型に生まれ変わった。ボディーサイズの拡大も乗り味の変化も、すべてはライバル車の研究のもとに行われた改良だ。最上級グレードの「ハイブリッドMZ」に試乗し、その進化のほどを確かめた。
  • 軽自動車も全モデル電動化!? スズキの電動化戦略にみる課題と期待 2021.3.1 デイリーコラム スズキが自社製品への電動化技術の全面展開を発表! コストパフォーマンスの高さで評価を得ている彼らが思い描く、理想の電動車とは? これまでの施策や、軽自動車の電動化に関する課題などを振り返りながら、「いいものを安く」を旨とする彼らの戦略を探った。
  • ルノー・カングー リミテッド ディーゼルMT(FF/6MT)【試乗記】 2021.7.19 試乗記 長く愛されてきた2代目「ルノー・カングー」の最終ロットがいよいよ日本上陸。しかもその中身は、最後にして最初となるディーゼルエンジン搭載モデルである。そしてこの希少な初物では、カングーの美点がガソリンモデル以上に味わえるのだからたまらない。
ホームへ戻る