ホンダ、軽乗用車「ライフ」の装備を充実

2012.06.14 自動車ニュース

ホンダ、軽乗用車「ライフ」の装備を充実

本田技研工業は、軽乗用車「ライフ」の装備を一部変更し、2012年6月15日に発売する。

今回、「ホンダ・ライフ」の装備がグレードごと追加された。具体的な内容は、以下のとおり。

■「C」
・高熱線吸収/UVカット機能付きプライバシーガラス(リアドア/リアクォーター/テールゲート)
・フルホイールキャップ
・EBD(電子制御制動力配分システム)付きABS

■「G」
・Hondaスマートキーシステムやイモビライザー
・セキュリティアラーム

■「DIVA」
・ブルーイルミネーション照明付きフロントドリンクホルダー
・14インチアルミホイール
・Hondaスマートキーシステムやイモビライザー
・セキュリティアラーム
・フルオートエアコンディショナー

価格は、「C」(FF車)の98万円から「DIVAターボパッケージ」(4WD車)の160万9000円まで。

(webCG)

「ホンダ・ライフG」
「ホンダ・ライフG」 拡大

関連キーワード:
ライフ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ ライフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONEプレミアム(CVT)/N-ONE RS(CVT)/N-ONE RS(6MT)【試乗記】 2020.12.15 試乗記 クラシックなスタイリングと上質な走りが自慢の軽乗用車「ホンダN-ONE」が、デビューから8年を経てフルモデルチェンジ。初代から受け継がれた“タイムレス”なデザインと、隔世の進化を遂げた走りを併せ持つ一台の、希有(けう)な魅力をリポートする。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.18 試乗記 “withコロナ”時代のライフスタイルとして、小さめのコミューターやアウトドアに注目が集まるいま、ユーティリティーに優れる軽という選択肢はアリか? あらためてホンダの軽商用バン「N-VAN」に乗ってみた。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.1.10 試乗記 大規模なデザイン変更を受けた「三菱エクリプス クロス」だが、マイナーチェンジの本命は、やはり新たに用意されたプラグインハイブリッド車(PHEV)に違いない。寒風吹きすさぶワインディングロードでその仕上がりを試した。
ホームへ戻る