新型BMW M6クーペ/M6カブリオレ受注始まる

2012.04.10 自動車ニュース

新型「BMW M6クーペ/M6カブリオレ」受注始まる

BMWジャパンは、新型「M6クーペ」および「M6カブリオレ」の受注を、2012年4月10日に開始した。

既報のとおり2012年2月に発表された、新型「BMW M6クーペ/M6カブリオレ」の受注が国内で始まった。

3代目となる新型は、560psと69.3kgmを発生する4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。クーペモデルは4.2秒、カブリオレは4.3秒で0-100km/h加速をこなすなど、“Mモデル”にふさわしいハイパフォーマンスを有する。

そのいっぽうで、オートスタート/ストップ(アイドリングストップ)機能やブレーキエネルギー回生システムなどを備え、先代モデルより燃費が30%ほど改善されているのもウリである。

トランスミッションは、7段の「M DCT Drivelogic」(ダブルクラッチ トランスミッション)。さらに、電子制御式多板クラッチからなる「アクティブ M ディファレンシャル」を介し、臨機応変に動力を左右のホイールに配分。激しいハンドリングを行う場面でも卓越した安定性が確保され、かつダイナミックな加速が発揮できるという。

外観上は、大型エアインテークを備えるフロントまわりに、「Mデュアル・ツイン・エキゾースト・テールパイプ」が顔を出すリアエンドなどが特徴。クローズドボディーの「M6クーペ」には、標準でカーボンファイバー製のルーフが与えられる。

インテリアは、クーペ、カブリオレともに、高品質なメリノレザーやカーボンインテリアトリムからなる仕立て。フルカラーのヘッドアップディスプレイやHDDナビゲーションシステム、トップビュー+サイドビューカメラといった快適装備も標準で備わる。

価格は「M6クーペ」が1695万円で、「M6カブリオレ」が1760万円。ハンドル位置は、左右の両方から選べる。なおデリバリーの開始時期は、「M6カブリオレ」が2012年7月、「M6クーペ」は2012年10月が予定されている。

(webCG 関)

「BMW M6クーペ」
「BMW M6クーペ」 拡大
「BMW M6カブリオレ」
「BMW M6カブリオレ」 拡大
新型「M6」シリーズの心臓部。560ps/6000rpmと69.3kgm/1500-5750rpmを発生する。
新型「M6」シリーズの心臓部。560ps/6000rpmと69.3kgm/1500-5750rpmを発生する。 拡大
 
新型BMW M6クーペ/M6カブリオレ受注始まるの画像 拡大
「M6クーペ」のルーフはカーボンファイバー製。車体の軽量化と重心の低下に貢献する。
「M6クーペ」のルーフはカーボンファイバー製。車体の軽量化と重心の低下に貢献する。 拡大
 
新型BMW M6クーペ/M6カブリオレ受注始まるの画像 拡大

関連キーワード:
M6クーペ, M6カブリオレ, BMW, 自動車ニュース

BMW M6クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • 新型コンパクトSUV「日産マグナイト」がデビュー 2020.10.21 自動車ニュース マグナイトは日産がインドで初めて扱う全長4m以下のSUVで、その名は「Magnetic(魅力のある)」と「Ignite(感情を喚起する)」に由来。2021年初頭に同国で発売された後は、その他の地域でも展開される。
  • 新型「BMW 4シリーズ クーペ」の高性能バージョン「M440i xDrive」がデビュー 2020.10.16 自動車ニュース BMWジャパンは2020年10月16日、新型「BMW 4シリーズ クーペ」の高性能バージョン「BMW M440i xDrive」を発表。同日、販売を開始した。納車の時期は、同年11月以降になる見込み。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
ホームへ戻る