独BMW、新型「M6」の概要を発表

2012.02.13 自動車ニュース

独BMW、新型「M6」の概要を発表

独BMWは2012年2月12日、新型「M6」のクーペとカブリオレの概要を発表した。

新型は通算で3代目。V10エンジンではなく、ひと足先にデビューした「M5」と同様にダウンサイジングの波に乗り、4.4リッターV8のMツインパワーターボ(ツインターボ)を搭載する。560ps/6000-7000rpmと69.3kgm/1500-5750rpmを発生し、0-100km/h加速はクーペモデルで4.2秒、カブリオレで4.3秒。最高速はリミッターで250km/hに規制されるが、ドイツ市場などでオプション設定される「Mドライバーズパッケージ」を装着すれば305km/hまで出すことが可能になる。

このエンジンは先代型の5リッターV10(自然吸気)と比較して出力で約10%、トルクで約30%強化されているが、オートスタート/ストップ(アイドリングストップ)機能やブレーキエネルギー回生システムなどの「エフィシェントダイナミクス」テクノロジーの採用によって、燃費は約30%改善されているという。

トランスミッションは7段の「M DCT Drivelogic」(ダブルクラッチ トランスミッション)が標準で装着される。一方、ブレーキは前キャリパーが6ピストンとなる「コンパウンドディスクブレーキ」が標準だが、欧州仕様では最新の「M カーボンセラミックブレーキ」がオプションで選択可能となるという。ブレーキディスク径は前410mm(標準ディスク:400mm)、後396mm(同:396mm)で、耐熱性が向上すると同時にバネ下重量が大幅に軽減され、新型「M6」では19.4kgもの軽量化が期待できるという。

発売時期は市場によって異なるが、アメリカではM6カブリオレが2012年6月でクーペが夏、イギリスでは両モデルとも同9月などと発表されている。

(webCG 竹下)

「BMW M6クーペ」
「BMW M6クーペ」 拡大
「M6クーペ」
「M6クーペ」 拡大
「M6カブリオレ」
「M6カブリオレ」 拡大
「M6カブリオレ」の室内
「M6カブリオレ」の室内 拡大
4.4リッターV8 Mツインパワーターボエンジン
4.4リッターV8 Mツインパワーターボエンジン 拡大

関連キーワード:
M6クーペ, M6カブリオレ, BMW, 自動車ニュース

BMW M6クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • BMW M550i xDrive/523d xDriveツーリング ラグジュアリー エディションジョイ+【試乗記】 2020.11.30 試乗記 「BMW 5シリーズ」のマイナーチェンジモデルが日本に上陸。4.4リッターV8ツインターボの「セダン」と2リッター直4ディーゼルターボの「ツーリング」をワインディングロードに連れ出し、走行性能と最新のデジタル装備の仕上がりを試した。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.1 試乗記 「セダン/ステーションワゴン」に続き、マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」が上陸。スタイリッシュなフォルムを追求した伝統の2ドアモデルは、いかなる進化を遂げたのか。最高出力258PSの「E300スポーツ」を通して確かめた。
ホームへ戻る