「ホンダ・フリード」に新グレードぞくぞく

2012.04.05 自動車ニュース

「ホンダ・フリード」に新グレードぞくぞく

本田技研工業は、「フリード」および「フリードスパイク」に新グレードを追加し、2012年4月19日に発売する。

今回、「ホンダ・フリード」シリーズに、以下のグレードが追加される。

・「フリードGH」
装備充実の「フリードGジャストセレクション」に、さらにHID(ディスチャージヘッドライト)を追加。
価格は、6人乗り(FF/CVT)が190万円で、7人乗り(FF/CVT)が193万1500円。ともに、ベースモデルの5万円高となる。

・「フリードスパイクGL」
「フリードスパイクGジャストセレクション」の装備に、HID、15インチアルミホイール、Hondaスマートキーシステム、セキュリティアラーム、イモビライザー、クルーズコントロールを追加。
FF車のみで、価格はベースモデルより14万円高の199万円。

・「フリードスパイクGエアロL」
「フリードスパイクGエアロ」の装備に、Hondaスマートキーシステム、セキュリティアラーム、イモビライザー、クルーズコントロールを追加。
FF車のみで、価格はベースモデルより9万円高の219万円。

このほか、助手席リフトアップシート車としてはホンダ初のハイブリッドカーとなる、「フリードハイブリッド 助手席リフトアップシート車」もラインナップに加えられた。
6人乗り(FF/CVT)のみが用意され、価格は261万4000円。

(webCG 関)

「ホンダ・フリードGH」
「ホンダ・フリードGH」 拡大
「フリードスパイクGエアロL」
「フリードスパイクGエアロL」 拡大

関連キーワード:
フリード, フリードスパイク, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フリード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード クロスター 2019.9.20 画像・写真 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。アクティブなユーザー向けに、SUVスタイルの「CROSSTAR(クロスター)」が登場した。“楽しさ”と“遊び心”を表現したという新モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッド クロスターHonda SENSING(4WD/7AT)【試乗記】 2019.12.17 試乗記 ホンダの万能コンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。評価の高かった従来モデルからどこまでの進化を遂げたのか? 2列シートのハイブリッド4WDという、ライバルにはないちょっとマニアックな仕様で、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
ホームへ戻る