「ホンダ・フリード」に新グレードぞくぞく

2012.04.05 自動車ニュース

「ホンダ・フリード」に新グレードぞくぞく

本田技研工業は、「フリード」および「フリードスパイク」に新グレードを追加し、2012年4月19日に発売する。

今回、「ホンダ・フリード」シリーズに、以下のグレードが追加される。

・「フリードGH」
装備充実の「フリードGジャストセレクション」に、さらにHID(ディスチャージヘッドライト)を追加。
価格は、6人乗り(FF/CVT)が190万円で、7人乗り(FF/CVT)が193万1500円。ともに、ベースモデルの5万円高となる。

・「フリードスパイクGL」
「フリードスパイクGジャストセレクション」の装備に、HID、15インチアルミホイール、Hondaスマートキーシステム、セキュリティアラーム、イモビライザー、クルーズコントロールを追加。
FF車のみで、価格はベースモデルより14万円高の199万円。

・「フリードスパイクGエアロL」
「フリードスパイクGエアロ」の装備に、Hondaスマートキーシステム、セキュリティアラーム、イモビライザー、クルーズコントロールを追加。
FF車のみで、価格はベースモデルより9万円高の219万円。

このほか、助手席リフトアップシート車としてはホンダ初のハイブリッドカーとなる、「フリードハイブリッド 助手席リフトアップシート車」もラインナップに加えられた。
6人乗り(FF/CVT)のみが用意され、価格は261万4000円。

(webCG 関)

「ホンダ・フリードGH」
「ホンダ・フリードGH」 拡大
「フリードスパイクGエアロL」
「フリードスパイクGエアロL」 拡大

関連キーワード:
フリード, フリードスパイク, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フリード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード クロスター 2019.9.20 画像・写真 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。アクティブなユーザー向けに、SUVスタイルの「CROSSTAR(クロスター)」が登場した。“楽しさ”と“遊び心”を表現したという新モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッド クロスターHonda SENSING(4WD/7AT)【試乗記】 2019.12.17 試乗記 ホンダの万能コンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。評価の高かった従来モデルからどこまでの進化を遂げたのか? 2列シートのハイブリッド4WDという、ライバルにはないちょっとマニアックな仕様で、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.31 試乗記 ホンダの人気ミニバンを“匠の技”で磨き上げたとうたうコンプリートカー「フリード モデューロX」に試乗。空力にこだわったというそのフットワークはまさに圧倒的。ひとたびステアリングを握れば、ベース車とのちがいをだれでも感じ取れるはずだ。
  • 進化したフリード モデューロXを試す 2020.7.10 モデューロXの最新モデルを味わう<AD> ベースとなる「ホンダ・フリード」のマイナーチェンジに合わせ、「フリード モデューロX」も最新モデルにアップデート。日常的な速度域でも体感できる“実効空力”を高めるべく、新開発のエアロバンパーが備わっている。その効果を試すべく、新旧モデルを同時に連れ出した。
  • ホンダ・フリード/ホンダ・フリード+ クロスター(ホンダアクセス用品装着車) 2019.9.20 画像・写真 デザインや駆動方式の違い、シートレイアウトのバリエーションなどにより、豊富なラインナップを取りそろえる「ホンダ・フリード」シリーズ。ここでは3列7人乗り仕様の「フリード」と、ホンダアクセスの用品を装着した、見た目もアクティブな「フリード+ クロスター」を紹介する。
ホームへ戻る