「マツダ・デミオ」一部グレードで仕様変更

2012.04.03 自動車ニュース

「マツダ・デミオ」一部グレードで仕様変更

マツダは、コンパクトカー「デミオ」の一部仕様を変更し、2012年4月3日に発売した。

今回、「13-SKYACTIV」に標準で備わるホイールが、アルミホイールからスチールホイールに変更された。また、これまでオプション扱いだった「後席6:4分割可倒式シート」「後席中央席3点式シートベルト」「運転席シートリフター」は標準装備となり、価格は5万円安の135万円へと改められた。

その他「デミオ」シリーズの変更点としては、「13C」(FF/5MT)に「後席6:4分割可倒式シート」と「後席中央席3点式シートベルト」、「ボディーカラー同色のドアミラーとドアハンドル」が与えられたほか、「13C-V」に代えて新グレード「13C-Vスマートエディション」がラインナップに加わったことが挙げられる。

シリーズ全体の価格は、「13C」(FF/5MT)の114万9000円から「SPORT」(FF/CVT)の162万1750円まで。

(webCG 関)

「マツダ・デミオ13-SKYACTIV」
「マツダ・デミオ13-SKYACTIV」 拡大

関連キーワード:
デミオ, マツダ, 自動車ニュース

マツダ デミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • ホンダN-ONE RS(FF/6MT)【試乗記】 2021.3.3 試乗記 ボディーパネルの大半をキャリーオーバーという前代未聞のフルモデルチェンジを果たした「ホンダN-ONE」。となると、中身のブラッシュアップに相当な熱意が込められていると考えるのが自然だろう。新規設定されたターボエンジン×6段MT仕様に試乗した。
  • 「マツダ・デミオ」が「マツダ2」に車名変更 乗り心地改善などの一部改良も 2019.7.18 自動車ニュース マツダが「デミオ」の車名を「マツダ2」に変更するとともに、一部改良を実施。内外装のデザインを変更したほか、新しいサスペンションやシートの採用による乗り心地の改善、運転支援システムを中心とした装備の拡充などを図った。
  • シトロエンの新たなフラッグシップモデル「C5 X」がデビュー 2021.4.12 自動車ニュース ステランティスは2021年4月12日(現地時間)、シトロエンブランドの新たなフラッグシップモデル「C5 X」を世界初公開した。サルーンとステーションワゴンを組み合わせた独創的なファストバックボディーを採用している。
ホームへ戻る