1.2リッターの「ポロ」に燃費向上の新モデル

2012.04.03 自動車ニュース

1.2リッターの「フォルクスワーゲン・ポロ」に燃費向上の新モデル

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、コンパクトハッチバック「フォルクスワーゲン・ポロ」に新グレード「ポロTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」を設定し、2012年4月3日に発売した。

「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」は、1.2リッターターボエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン」に、アイドリングストップ機構とブレーキエネルギー回生システムを追加したモデル。
これにより、10・15モードで20.0km/リッター(JC08モードでは19.4km/リッター)だった燃費は、21.5km/リッター(同21.2km/リッター)にまで向上した。

さらに、本革巻きのステアリングホイールとシフトノブ、ハンドブレーキグリップも追加。インテリアの質感向上が図られている。

そのほかの装備やスペックについては、「ポロTSIコンフォートライン」と変わらない。

価格は、「ポロTSIコンフォートライン」より5万円高の218万円。

(webCG 関)

「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」
「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」 拡大

1.2リッターの「ポロ」に燃費向上の新モデルの画像 拡大

1.2リッターの「ポロ」に燃費向上の新モデルの画像 拡大

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ポロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.4.23 試乗記 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」のモデルラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「TSI Rライン」が加わった。気筒休止機構やコースティング機構など最新のテクノロジーを手にデビューした、中間グレードの出来栄えやいかに!?
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(前編) 2018.4.19 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回試乗したのは、フルモデルチェンジで6代目となったフォルクスワーゲンのコンパクトモデル「ポロ」。その仕上がりを、プロはどう評価するのか?
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.9.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。
ホームへ戻る