1.2リッターの「ポロ」に燃費向上の新モデル

2012.04.03 自動車ニュース

1.2リッターの「フォルクスワーゲン・ポロ」に燃費向上の新モデル

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、コンパクトハッチバック「フォルクスワーゲン・ポロ」に新グレード「ポロTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」を設定し、2012年4月3日に発売した。

「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」は、1.2リッターターボエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン」に、アイドリングストップ機構とブレーキエネルギー回生システムを追加したモデル。
これにより、10・15モードで20.0km/リッター(JC08モードでは19.4km/リッター)だった燃費は、21.5km/リッター(同21.2km/リッター)にまで向上した。

さらに、本革巻きのステアリングホイールとシフトノブ、ハンドブレーキグリップも追加。インテリアの質感向上が図られている。

そのほかの装備やスペックについては、「ポロTSIコンフォートライン」と変わらない。

価格は、「ポロTSIコンフォートライン」より5万円高の218万円。

(webCG 関)

「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」
「フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」 拡大

1.2リッターの「ポロ」に燃費向上の新モデルの画像 拡大

1.2リッターの「ポロ」に燃費向上の新モデルの画像 拡大

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ポロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.4.23 試乗記 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」のモデルラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「TSI Rライン」が加わった。気筒休止機構やコースティング機構など最新のテクノロジーを手にデビューした、中間グレードの出来栄えやいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.18 試乗記 フォルクスワーゲンのBセグメントコンパクト「ポロ」に、新エンジン「1.5 TSI Evo」を搭載したスポーティーな新グレード「TSI Rライン」が登場。かむほどに味が出る、ジャーマンコンパクトならではの走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション(FF/7AT)【試乗記】 2015.11.10 試乗記 JC08モード計測値は23.4km/リッター。「フォルクスワーゲン・ポロ」に、燃費を突き詰めた「ブルーモーション」が登場した。1リッター直3ターボを搭載した、300台限定の“燃費スペシャル”の実力はいかに? ワインディングロードや高速道路での走りも併せて報告する。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/7AT)【試乗記】 2015.3.11 試乗記 1.8リッター直噴ターボエンジンを搭載した「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。フォルクスワーゲンが提案する、新しい「走る喜び」に触れた。
ホームへ戻る