三菱がバッテリーの損傷に関する調査経過を報告

2013.04.10 自動車ニュース

三菱、駆動用バッテリーの不具合に関する調査経過を報告

三菱自動車は2013年4月10日、3月下旬に発生した「アウトランダーPHEV」の駆動用バッテリーの不具合について、調査の途中経過を発表。異物の混入を検出する検査工程に原因の可能性があると述べた。

今回の不具合は、電池セルの異常発熱によりバッテリーパックの一部が溶ける(溶損)というもので、2013年3月21日に神奈川県の登録納車前の車両で発生。その後、溶損にはいたらなかったものの、電池セルのショート(短絡)による不具合が2件、車両搭載前の検査で電気自動車用の16kWh仕様のバッテリーパックが発煙・発火するトラブルが1件発生していた。

これを受け、三菱は同年3月27日に緊急記者会見を実施。「アウトランダーPHEV」や「i-MiEV」「ミニキャブMiEV」(16kWh仕様のバッテリー搭載車のみ)の生産を一時中止するとともに、リチウムイオンバッテリーのサプライヤーであるリチウムエナジージャパン、GSユアサと3社共同で調査にあたっていた。

その結果、昨年12月に追加された「スクリーニング」と呼ばれる検査工程において、想定以上の衝撃がバッテリーセルに加えられた場合、不具合が発生する可能性があることが判明した。

この検査はバッテリー内への異物の混入を検出するためのもので、電池セルにさまざまな角度から振動を加え、電圧の低下したセルを除外するというもの。ここで、作業員が検査機器にセルを設置する際に過度な衝撃を加えると、正極の部品に、不具合が生じたバッテリーセルで見られたような変形が生じるケースがあることが確認された。

ただ、現時点ではこの部品の変形までは確認できたものの、電池セルの短絡やバッテリーパックの溶損までは確認できておらず、三菱では前述の検査工程に他の複合的な要因が重なった可能性があると説明。引き続き調査を続け、4月中には原因を究明したいとしている。

(webCG 堀田)

会見に臨む中尾龍吾常務取締役(左)と大道正夫常務執行役員(右)。
会見に臨む中尾龍吾常務取締役(左)と大道正夫常務執行役員(右)。 拡大
記者の質問に答える中尾氏。「車載後の衝撃がバッテリーの不具合につながる可能性は?」という問いについて、「その可能性は低いと考えている」と回答。「アウトランダーPHEV」の販売については、「現状の説明を受けたうえでも購入を希望する人については注文を受け付け、生産再開時にあらためて購入の意思を確認する形を取りたい」としている。
記者の質問に答える中尾氏。「車載後の衝撃がバッテリーの不具合につながる可能性は?」という問いについて、「その可能性は低いと考えている」と回答。「アウトランダーPHEV」の販売については、「現状の説明を受けたうえでも購入を希望する人については注文を受け付け、生産再開時にあらためて購入の意思を確認する形を取りたい」としている。 拡大
「今回の不具合をリコール対象とするか」という質問に対し、「原因が特定できておらず、現段階ではそこまで考えていない」と回答する大道氏。
「今回の不具合をリコール対象とするか」という質問に対し、「原因が特定できておらず、現段階ではそこまで考えていない」と回答する大道氏。 拡大
「三菱アウトランダーPHEV」
「三菱アウトランダーPHEV」 拡大

関連キーワード:
アウトランダー, 三菱, -->, 自動車ニュース

三菱 アウトランダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダー 2021.2.17 画像・写真 三菱が新型「アウトランダー」を発表。内外装デザインは従来モデルから全面刷新されており、フロントマスクにはより大胆な意匠の「ダイナミックシールド」が採用されている。三菱の未来を担うグローバルモデルの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークSE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2021.2.26 試乗記 ランドローバーが擁するプレミアムSUV製品群の「レンジローバー」シリーズ。その中にあって最もコンパクトなモデルが「レンジローバー イヴォーク」だ。東京から雪の群馬・嬬恋へのドライブを通し、そのボディーに凝縮されたレンジローバーの魅力に触れた。
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.2.18 画像・写真 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が初のフルモデルチェンジ。クーペライクなスタイルをまとう新型が、2021年4月に発売される。それに先立ち世界初公開された、2代目ヴェゼルのディテールを写真で紹介する。
  • アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.16 試乗記 アウディが新たに提案する、SUVっぽいコンパクトカー「A1シティーカーバー」。雰囲気だけのニッチなモデルかと思いきや、いざステアリングを握ってみると、このクロスオーバーならではのメリットがみえてきた。
  • 三菱の最新電動SUV「エクリプス クロスPHEV」「アウトランダーPHEV」の魅力に迫る 2021.2.25 電気の力を多彩に活用 三菱の最新PHEVを味わう<AD> 三菱自動車のプラグインハイブリッド車は電気の使い方が多彩だ。環境対応は当然として、走りの楽しさと上質さも追求。さらにクルマ自体を“電源”としても使えるようにしている。「エクリプス クロスPHEV」と「アウトランダーPHEV」、2台の最新モデルでその世界を味わってみた。
ホームへ戻る