VWが新型ゴルフの日本導入記念モデルを発表

2013.04.09 自動車ニュース

フォルクスワーゲンが新型「ゴルフ」の日本導入記念モデルを発表

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年4月9日、今夏の日本導入を予定している新型「ゴルフ」に、特別限定車「ゴルフ デア・エアステ」を設定し、同年4月13日に先行受注を開始すると発表した。

「ゴルフ デア・エアステ」は、7代目となる新型ゴルフの日本導入を記念して設定される特別限定車であり、また今年順次導入を予定している、フォルクスワーゲンの国内正規輸入60周年を記念した限定モデルの第1弾となる。

ラインナップは「TSIコンフォートライン デア・エアステ」と「TSIハイライン デア・エアステ」の2種類で、前者には1.2リッターターボと7段DSGの組み合わせを採用。クラス初のマルチコリジョンブレーキのほか、「up!」の「シティエマージェンシーブレーキ」を進化させた「フロントアシストプラス」、アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、バイキセノンヘッドライトなどが標準装備となる。

一方、「TSIハイライン デア・エアステ」は、気筒休止システムを採用した新開発の1.4リッターターボエンジンを搭載。トランスミッションにはTSIコンフォートラインと同じく7段DSGを採用している。
装備については、前述のTSIコンフォートラインのものに加え、LEDポジションランプ付きのバイキセノンヘッドライトやアルカンターラとファブリックを組み合わせたコンビタイプのスポーツシートなどを採用。ホイールも専用デザインの17インチアルミホイールとなる。

ハンドル位置はいずれも右のみ。価格は「TSIコンフォートライン デア・エアステ」が750台限定で279万円、「TSIハイライン デア・エアステ」が1250台限定で305万円。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」
「フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」 拡大
「ゴルフ TSIコンフォートライン デア・エアステ」
「ゴルフ TSIコンフォートライン デア・エアステ」 拡大
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のインパネまわり。
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のインパネまわり。 拡大
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のシート。
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のシート。 拡大

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.10.17 試乗記 質実剛健なブランドとして知られるフォルクスワーゲン。その看板車種の「ゴルフ」に追加されたディーゼルモデルは、良き選択肢となりうるか? 走りの印象のほか、装備の見どころや燃費についても報告する。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
ホームへ戻る