VWが新型ゴルフの日本導入記念モデルを発表

2013.04.09 自動車ニュース

フォルクスワーゲンが新型「ゴルフ」の日本導入記念モデルを発表

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年4月9日、今夏の日本導入を予定している新型「ゴルフ」に、特別限定車「ゴルフ デア・エアステ」を設定し、同年4月13日に先行受注を開始すると発表した。

「ゴルフ デア・エアステ」は、7代目となる新型ゴルフの日本導入を記念して設定される特別限定車であり、また今年順次導入を予定している、フォルクスワーゲンの国内正規輸入60周年を記念した限定モデルの第1弾となる。

ラインナップは「TSIコンフォートライン デア・エアステ」と「TSIハイライン デア・エアステ」の2種類で、前者には1.2リッターターボと7段DSGの組み合わせを採用。クラス初のマルチコリジョンブレーキのほか、「up!」の「シティエマージェンシーブレーキ」を進化させた「フロントアシストプラス」、アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、バイキセノンヘッドライトなどが標準装備となる。

一方、「TSIハイライン デア・エアステ」は、気筒休止システムを採用した新開発の1.4リッターターボエンジンを搭載。トランスミッションにはTSIコンフォートラインと同じく7段DSGを採用している。
装備については、前述のTSIコンフォートラインのものに加え、LEDポジションランプ付きのバイキセノンヘッドライトやアルカンターラとファブリックを組み合わせたコンビタイプのスポーツシートなどを採用。ホイールも専用デザインの17インチアルミホイールとなる。

ハンドル位置はいずれも右のみ。価格は「TSIコンフォートライン デア・エアステ」が750台限定で279万円、「TSIハイライン デア・エアステ」が1250台限定で305万円。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」
「フォルクスワーゲン・ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」 拡大
「ゴルフ TSIコンフォートライン デア・エアステ」
「ゴルフ TSIコンフォートライン デア・エアステ」 拡大
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のインパネまわり。
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のインパネまわり。 拡大
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のシート。
「ゴルフ TSIハイライン デア・エアステ」のシート。 拡大

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「オートモビル カウンシル2021」の会場から(スピニングガレージ) 2021.4.10 画像・写真 カルマンが手がけた「ゴルフ カブリオレ」に、珍しくて懐かしい「ゴルフ カントリー」の姿も。オートモビル カウンシルの会場から、「フォルクスワーゲン・ゴルフII」のスペシャリストであるスピニングガレージの展示を紹介する。
  • 「オートモビル カウンシル2021」の会場から(WANNA DRIVE/KOA SPEED) 2021.4.10 画像・写真 アメリカンV8を搭載した「ポルシェ911」に、排気量7リッターの「シボレー・カマロZ28」!?  オートモビル カウンシルの会場から、他の展示車両とは一味違うWANNA DRIVEとKOA SPEEDの出展車両を紹介する。
  • フォルクスワーゲンがゴルフ トゥーランの仕様を変更 新エンジンを採用し装備も大幅拡充 2021.4.16 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトミニバン「ゴルフ トゥーラン」の仕様を変更。ガソリン車のエンジンを新世代の「1.5 TSI」に変更したほか、インフォテインメントシステムを通信サービスに対応する最新のものとするなど、装備の強化も図っている。
  • レクサスUX300eバージョンL(FF)【試乗記】 2021.3.31 試乗記 トヨタ自動車がかねて「クルマの電動化=電気自動車化」という考え方に対して異を唱えてきたのはご承知の通り。「UX300e」はそんなさなかに導入されたレクサスブランド初のBEVである。その仕上がりやいかに?
  • 第203回:大勝利依存症 2021.3.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ギャンブル依存症の症状に照らし合わせれば、これまでにフェラーリ13台を含む合計51台のクルマを買った自分も立派なクルマを買うこと依存症患者だ。しかし、この病気には救いがある!
ホームへ戻る