「BMW M3クーペ」にDTM優勝記念モデル

2013.04.30 自動車ニュース
「BMW M3クーペ DTMチャンピオンエディション」
「BMW M3クーペ DTMチャンピオンエディション」 拡大

「BMW M3クーペ」に10台限定のDTM優勝記念モデルが登場

BMWジャパンは2013年4月28日、「BMW M3クーペ」にDTM(ドイツ・ツーリング・カー選手権)シリーズ優勝を記念した限定モデル「DTMチャンピオンエディション」を設定し、日本に導入すると発表した。

今回の特別仕様車は、BMWモータースポーツが約20年ぶりに参戦した2012年シーズンのDTMにおいて、ドライバーズタイトル、チームタイトル、マニュファクチャラータイトルの3部門においてシリーズチャンピオンに輝いたことを記念したモデルである。販売台数は、これまでBMWモータースポーツがDTMで重ねた勝利数と同じ世界限定54台。このうち日本へは、右ハンドル仕様車5台、左ハンドル仕様車5台の計10台が導入される。

内外装は、2012年のDTMにおいてドライバーズタイトルを獲得した「BMWチーム・シュニッツァー」のブルーノ・スペングラー選手のレースカーをモチーフに仕立てられている。

ボディーカラーはマット仕上げのフローズン・ブラック・メタリックで、マットブラック仕上げの19インチMライト・アロイホイールや、カーボンファイバー製のフロントスプリッター、リアトランクスポイラーなどを装備。またカーボンルーフからトランクリッドにかけて、Mストライプのステッカーを施している。

一方インテリアには、専用アルカンタラ仕上げのステアリングホイールやパーキングブレーキレバー、ブルーノ・スペングラー選手のヘルメットデザインをイメージした専用のドアシルプレートを特別装備。インテリアトリムもカーボンファイバー製で、ブルーノ・スペングラー選手のサインや世界54台の限定モデルであることを示すシリアルナンバーなどをあしらっている。

このほかにも、ダンパーの減衰力や車速感応式パワーステアリングのアシスト量、7段セミATのシフトタイミングなどをドライバーの好みに合わせてプログラムできる「Mドライブ」を標準装備。価格はベース車から195万円高の1263万円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
M3クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M3クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • メルセデスAMG GLA35 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.12 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」のラインナップに加わったハイパフォーマンスバージョン「AMG GLA35 4MATIC」に試乗。レースと共に歩んできたAMGの名を冠するコンパクトSUVは、果たしてどのように仕上がったのか。ワインディングロードでその実力を確かめた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.2 試乗記 アルピナが提案するディーゼルの高性能セダン「D3 Sリムジン アルラット」に試乗。そのステアリングを握った筆者は、どこか懐かしくも目を見張る、このブランドならではのパフォーマンスに酔いしれたのだった。
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
ホームへ戻る