三菱、新型車「ミラージュ」をタイで発売

2012.03.22 自動車ニュース

三菱、新型車「ミラージュ」をタイで発売

三菱自動車は2012年3月20日、タイで生産する新型コンパクトカー「MIRAGE(ミラージュ)」を、同国で3月28日に発売すると発表した。

新型「ミラージュ」は、「新興国におけるエントリーカー、成熟国における環境対応車という双方のニーズを一つの商品として具現した」(プレスリリース)とうたわれるグローバルコンパクトカー。生産は、ミツビシ・モーターズ・タイランドのラムチャバン工場に新たに建設された第3工場で行われ、国産車並みの品質を保つため、日本人検査員が駐在し、出荷前には全数検査も実施されるという。

タイでの販売価格は38万〜54万6000バーツ(約103万〜148万円)で、販売目標は月2000台を計画。タイを皮切りに、ASEAN諸国や日本、欧州各国で順次販売される。日本での発売は2012年夏を予定している。

今回発表された「ミラージュ」のタイ仕様は、新開発の1.2リッターMIVECエンジンを搭載し、22km/リッターの燃費(ECE R101モード)を達成している。

(webCG)

「ミラージュ」
「ミラージュ」 拡大

関連キーワード:
ミラージュ, 三菱, -->, 自動車ニュース

三菱 ミラージュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 三菱がコンパクトSUV「RVR」を改良 「ダイナミックシールド」を用いたフロントフェイスを採用 2019.8.22 自動車ニュース 三菱自動車は2019年8月22日、コンパクトSUV「RVR」のフロントおよびリアデザインを変更するとともに一部改良を施し、同日、販売を開始した。三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を用いた顔つきが特徴である。
  • 顔立ち一新、三菱ミラージュがマイナーチェンジ 2015.12.18 自動車ニュース 三菱がコンパクトカー「ミラージュ」をマイナーチェンジし、2016年1月14日に発売する。改良の内容は転支援システム「e-Assist」の採用や内外装デザインの変更など、装備の強化と内外装の質感の向上が主となっている。価格は138万240円~148万5000円。
  • 三菱がSUV「アウトランダー」の改良モデルを発表 4WD車に走行性能を向上させる「S-AWC」を搭載 2019.9.12 自動車ニュース 三菱自動車は2019年9月12日、ミドルサイズSUV「アウトランダー」および「アウトランダーPHEV」に一部改良を施し、同日、販売を開始した。外装色に「レッドダイヤモンド」を新設定したほか、出力510Wを誇るハイパワーオーディオも導入している。
ホームへ戻る