日産がウサイン・ボルト選手に金のGT-Rを贈呈

2013.05.07 自動車ニュース
ウサイン・ボルト選手とゴールドの「日産GT-R」
ウサイン・ボルト選手とゴールドの「日産GT-R」 拡大

日産がウサイン・ボルト選手にゴールドの「GT-R」を贈呈

日産自動車は2013年5月5日、オリンピックの金メダリストであるウサイン・ボルト選手に、ゴールドのカラーリングを施した「日産GT-R」を贈呈した。


日産がウサイン・ボルト選手に金のGT-Rを贈呈の画像 拡大
日産ラテンアメリカ&カリビアン副社長のホセ・ロマーン氏から、「GT-R」のキーを受け取るボルト選手。
日産ラテンアメリカ&カリビアン副社長のホセ・ロマーン氏から、「GT-R」のキーを受け取るボルト選手。 拡大

日産がウサイン・ボルト選手に金のGT-Rを贈呈の画像 拡大

ボルト選手は、2008年の北京と2012年のロンドンオリンピックで計6個の金メダルを獲得したジャマイカの陸上選手であり、「GT-R」のブランドアンバサダーとして、日産ブランドの認知を高める役割を果たしてきた。

また2012年10月には横浜市の日産本社を訪問。来日イベントで披露されたゴールドのGT-Rはチャリティーオークションに出品され、その収益はすべて慈善活動のためにウサイン・ボルト財団に寄付された。

今回ボルト選手に贈呈されたGT-Rは、2013年モデルをベースに、ボルト選手のテストドライブのデータをもとに専用のチューニングを施したものである。

内外装についても、華やかなホワイトのインテリアやBOSE製オーディオシステム、ハイパーチタニウムカラーコートを施したRAYSの10本スポーク鍛造アルミホイールなどを採用。これらの仕様はいずれもボルト選手自身が選んだものとなっている。

贈呈式はボルト選手がトレーニングを行うジャマイカのホームトラックで行われ、日産ラテンアメリカ&カリビアン副社長のホセ・ロマーン氏からゴールドのGT-Rのキーが手渡された。

なお、ゴールドでカラーリングされたGT-Rは世界に2台のみ。1台は今回ボルト選手に納車されたもの。もう1台は前述のチャリティーオークションに出品されたもので、落札者には2013年夏ごろに納車される予定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
GT-R, 日産, -->, 自動車ニュース

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る