クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第183回:プレミアムカーを日本から 
競争の時代を生き抜く、日産栃木工場の取り組みを知る

2013.05.20 エディターから一言

安価な生産コストを武器に、急速に成長を遂げる海外の生産拠点。激化する競争の中で、日本の製造現場はどのような取り組みを行い、どこに活路を見いだそうとしているのか。

この日の主役である新型セダンの「インフィニティQ50」。新開発のステアリング・バイ・ワイヤーや2クラッチハイブリッドなどといった技術がてんこ盛りの、日産渾身の一台。
この日の主役である新型セダンの「インフィニティQ50」。新開発のステアリング・バイ・ワイヤーや2クラッチハイブリッドなどといった技術がてんこ盛りの、日産渾身の一台。
    拡大
「Q50」のラインオフに際し、栃木工場の従業員へ向けて「これまでの成果に自信を持ってください。素晴らしい仕事をしてくださった皆さんに感謝するとともに、これからに期待しています」と語るカルロス・ゴーンCEO。
「Q50」のラインオフに際し、栃木工場の従業員へ向けて「これまでの成果に自信を持ってください。素晴らしい仕事をしてくださった皆さんに感謝するとともに、これからに期待しています」と語るカルロス・ゴーンCEO。 拡大

栃木に位置するプレミアムカーの故郷

建屋内に設置されたステージの上、白いスモークの向こうからメタリックグレーの高級セダンが登場する。助手席から姿を現したのは、ルノー・日産アライアンスのカルロス・ゴーンCEOだ。
これは2013年5月14日に、日産の栃木工場で行われた「インフィニティQ50」のラインオフ式の様子である。

「いきなりインフィニティQ50なんて、なじみのないクルマの話をされても……」などと言うことなかれ。確かに聞きなれない車名だが、その実はミドルサイズモデル「インフィニティG」の後継車種、要するに次期型「日産スカイライン」だ。
先達(せんだつ)にあたるGシリーズは、インフィニティのラインナップのなかでも長年にわたり販売台数ナンバーワンであり続けた存在であり、Q50のデビューは、このブランドにとって失敗が許されない基幹車種のフルモデルチェンジにあたる。
さらに言うと、インフィニティは現在、ブランドの地位向上を目指して改革の真っ最中。これまで「M」「G」「FX」「EX」……とバラエティーに富んでいた車名は、セダンとクーペが「Q」シリーズ、SUVが「QX」シリーズに順次統合される予定で、今回のQ50はその第1弾となるのだ。

このように、メーカーの期待と注目を一身に背負ったQ50。そんなニューモデルを生産するのが、今回訪れた日産の栃木工場である。

「Q50」の門出を見守る、栃木工場の従業員たち。
「Q50」の門出を見守る、栃木工場の従業員たち。
    拡大
ディズニーランド6個分という、広大な敷地を誇る日産栃木工場。施設の周囲を、全長6.5kmにおよぶ長大なテストコースが囲っている。
ディズニーランド6個分という、広大な敷地を誇る日産栃木工場。施設の周囲を、全長6.5kmにおよぶ長大なテストコースが囲っている。
    拡大

栃木工場の操業スタートは今をさかのぼること45年前の1968年で、1971年には当時のフラッグシップモデルである「セドリック/グロリア」の生産を開始。以降、「シーマ」(1988年)、「スカイライン」(2000年)、「GT-R」「インフィニティEX」(2007)と、古くから日産車の中でも利益率の高い車種の生産を中心に手掛けてきた。敷地面積は約293万平方メートルと広大で、パートや期間従業員も含め、総勢4830人の従業員が勤務する。生産能力は年間25万台を誇り、完成車のほかにも、他の工場へ納品するエンジンやアクスルなどの生産も行っている。

現在では「フェアレディZ」やGT-Rといった一部の日産車のほか、インフィニティブランドのマザー工場として、G(スカイライン)やM(フーガ)、QXなどといった幅広い車種の製造を担当。出荷されるクルマの仕向け地は、国内:海外=1:9と海外が圧倒的に多く、当然ながら、最近までは1ドル=75~80円という超円高の影響をまともに受け、苦境に立たされていた。

為替相場が、ゴーン氏いわく「(栃木工場が)勝負できる土俵に立てる水準」の1ドル=100円台に入り、ようやく一息ついた感のある同工場だが、もちろん従業員の皆さんも円高の下で無為に過ごしていたわけではない。中国や北米などでの海外生産が進み、同じ日産グループ内にもライバルが現れるようになった時代を勝ち抜くため、最も厳しい時期にいろいろと頑張ってきたのだ。

目標は世界トップレベルのクオリティー

ラインオフ式の後に行われたゴーンCEOによる現場の視察では、工場のスタッフがしきりに品質についての説明に努めていた。
「インフィニティQ50は、誤差±0.5mm以下の精度で組み付けが行われています。いちいちノギスで測ってなどいられないので、工員はパネルに手で触れるだけで誤差が判断できるよう、日々訓練しているんですよ」
以前、「ノート」を生産する日産自動車九州の工場も見学したことがあるが、九州のキモがコストなら、栃木工場のキモはずばり品質だ。

インフィニティブランドの中核工場なのだから、当然のことながら栃木工場の取り組みの指針はインフィニティの計画目標に密接にかかわっている。その目標とは、2016年までにプレミアムブランドのリーダーになること。具体的には「プレミアム市場での10%のシェア確保」「販売台数50万台」そして「すべてのブランドでトップ3に入る製品品質」だ。

J・D・パワー・アンド・アソシエイツの調査によると、2012年の米国市場におけるインフィニティのIQS(Initial Quality Study)は、全自動車ブランド中6位。上位3位はレクサス、ジャガー、ポルシェという顔ぶれで、インフィニティがここに割って入るためには、もはや今までの品質改善策の延長ではむずかしい、全く新しい取り組みが必要という結論に達したという。

そこで日産は、インフィニティブランドと日産ブランドで品質目標をより差別化。トレーサビリティーの実施率や製造現場の環境、技術スキル、製造スキルなどといった「インフィニティのクルマを作るのにふさわしい工場要件」を全100項目策定し、おのおのを5段階で評価するシステム(I-PES:Infiniti Plant Evaluation System)を構築した。そして、栃木工場はこのI-PESで4.5というスコアを達成する目標を立て(インフィニティ4.5活動)、見事2012年度にこれを達成してみせたのだ。

ラインオフ式の後、栃木工場内を視察するゴーンCEO。
ラインオフ式の後、栃木工場内を視察するゴーンCEO。
    拡大
「Q50」のクオリティーの高さと、従業員の取り組みについて説明するスタッフ。「Q50の組み付けで許される誤差は0.5mm以内。このシャープペンシルの芯の太さと一緒です」
「Q50」のクオリティーの高さと、従業員の取り組みについて説明するスタッフ。「Q50の組み付けで許される誤差は0.5mm以内。このシャープペンシルの芯の太さと一緒です」
    拡大
日産栃木工場の責任者である、黒澤良二工場長。インフィニティ4.5活動について、「(I-PESを通して)自分たちのやるべきことがハッキリした」と述べた。
日産栃木工場の責任者である、黒澤良二工場長。インフィニティ4.5活動について、「(I-PESを通して)自分たちのやるべきことがハッキリした」と述べた。 拡大

品質管理=「不具合がなければいい」ではない

この「インフィニティ4.5活動」も含め、黒澤工場長の掲げる「競争力のある工場になる」という目標へ向けた取り組みは多岐にわたる。

例えば、現場からの要望に素早く対応するために、北米などの販売店と工場をダイレクトにつなぐ「コントロールルーム」を開設し、毎朝のテレビ会議を実施。また最終の検査工程には、静粛な環境でドア開閉時の異音や、その原因となる車内への異物の混入、電装品の稼働状況などをチェックできるよう、「サイレントルーム」と呼ばれる専用のエリアが設けられた。

また栃木工場では、工場の外まで品質保証の対象を拡大。これまでは工場出荷までだったものを、現地への輸送、輸出や、販売店での納車前検査も範囲に含めたことで、顧客の手にクルマが届くまで品質に対する責任を負うようになったのだ。

もちろん、「日本の工場の一番の強み」といわれる、人材の育成についても抜かりはない。特に栃木工場では「ブランドを作るのには、不具合がなければいいというものではない。ブランドとは何かを勉強する必要がある」として、「技」「感性」「プライド」を兼ね備えた人材育成に取り組んできたという。
具体的な取り組みを挙げると、製造分野の中でも、特に品質が重視される7業種35高等技能領域に、「匠(たくみ)」「マイスター」と呼ばれる人材等級を採用。
「塗装業界で例えると、板金や塗装、磨きなどの各分野に精通しているだけではなく、塗装機械のメンテナンスやティーチングができる、新型車へのフィードバックができるなど、マイスターレベルの人材には幅広いスキルが求められる。ここ(栃木工場)には、そういう人がたくさんいる」と、黒澤工場長も胸を張った。

第183回:プレミアムカーを日本から 競争の時代を生き抜く、日産栃木工場の取り組みを知るの画像 拡大
栃木工場では人材育成にも注力。こちらは従業員が工具や部品などを接触させてしまった際に、車体にキズをつけてしまったことを認識させ、自己申告を促す「二次キズ体験道場」。皆さん、この小さなキズ、見えます?
栃木工場では人材育成にも注力。こちらは従業員が工具や部品などを接触させてしまった際に、車体にキズをつけてしまったことを認識させ、自己申告を促す「二次キズ体験道場」。皆さん、この小さなキズ、見えます?
    拡大
完成車は、世界各地の路面パターンを模した1.3kmのテストコースを走行後、「サイレントルーム」と呼ばれる最終検査場へ送り込まれる。ここではドアやトランク開閉時の異音や、海外市場向けの電装品がちゃんと作動するかなどのチェックが行われる。
完成車は、世界各地の路面パターンを模した1.3kmのテストコースを走行後、「サイレントルーム」と呼ばれる最終検査場へ送り込まれる。ここではドアやトランク開閉時の異音や、海外市場向けの電装品がちゃんと作動するかなどのチェックが行われる。
    拡大

円高の中でも勝ち残るための「ブランド力」

栃木工場の取り組みに対する評価は高く、ゴーンCEOも「栃木工場の従業員は、スキルや参画意識、意欲、クルマに関する知識の面で世界ナンバーワンだ」「高いスキルとたゆまぬ改善活動のおかげで、栃木工場は生産品質のベンチマークになっている。栃木工場は、これまでも、そしてこれからも、インフィニティ車の生産の中心であり続ける」と太鼓判を押す。

ただ、だからといって安穏としてはいられないのもまた事実。2014年からインフィニティの現地生産を行う中国・襄陽(じょうよう)工場などは、さまざまな評価指標や改善ノウハウを積極的に導入し、日本の工場に追い付け追い越せと頑張っているという。同じ日産グループの工場同士でも、競争は激化しているのだ。
そこで思い出されるのが、説明会での「とにかくブランドの構築を重視する」という言葉だ。ここで言う「ブランド」とは、インフィニティのことだけではなく、「栃木工場」そのもののことも指している。
「たとえ円高になっても、このクルマはここ栃木でしか作れないというような、円高に左右されない一番のものづくりを目指す。(日産やインフィニティに対して)工場サイドからなにができるかを考えられるようになりたい」という黒澤工場長の意気込みに、製造現場における競争の厳しさと、日本の工場の進むべき姿を見た気がした。

(webCG 堀田)
 

第183回:プレミアムカーを日本から 競争の時代を生き抜く、日産栃木工場の取り組みを知るの画像 拡大
オフライン式のステージの周りには、栃木工場で生産されるインフィニティ車が勢ぞろい。
オフライン式のステージの周りには、栃木工場で生産されるインフィニティ車が勢ぞろい。
    拡大
「Q50」の組み付け制度の検査について、検査スタッフが行っている訓練の内容について質問するゴーンCEO。
「Q50」の組み付け制度の検査について、検査スタッフが行っている訓練の内容について質問するゴーンCEO。
    拡大

第183回:プレミアムカーを日本から 競争の時代を生き抜く、日産栃木工場の取り組みを知るの画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。