メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」発表

2013.05.17 自動車ニュース
新型「メルセデス・ベンツSクラス」
新型「メルセデス・ベンツSクラス」
    拡大

独ダイムラー、新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表

独ダイムラーは2013年5月15日(現地時間)、新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表した。

「Sクラス」は、メルセデス・ベンツがラインナップするセダンの最上級モデルである。今回の新型は、1972年に誕生した初代から数えて6世代目にあたり、「Intelligent Drive」「Efficient Technology」「Essence of Luxury」の3つのコンセプトのもとに開発が進められた。

エクステリアデザインは歴代Sクラスの伝統を踏襲したものとされ、フロントグリルはより直立した大型のデザインに変更。長大なボンネットや流れるような丸いルーフライン、緩やかに傾斜するリア周りの処理などにより、セダンらしい古典的なプロポーションが与えられている。またLEDを多用したフロントランプ、リアランプも特徴の一つで、インテリアにもおよそ300個ものLED球が用いられている。

装備には最新のものが取り入れられており、50km/h以下の速度域での追突事故回避に貢献する「PRE-SAFEブレーキ」をはじめとした、最新の安全運転支援システムを採用。レーダークルーズコントロールの「ディストロニックプラス」や、夜間走行時に役立つ「ナイトビューアシストプラス」、レーンキーピングアシストシステムなど、さまざまな機能が備わっている。

ラインナップは3リッターV6ディーゼルターボエンジンを搭載した「S350ブルーテック」、4.7リッターV8ターボエンジンの「S500」、3.5リッターV6エンジンを電動モーターでアシストする「S400ハイブリッド」、2.2リッター直4ディーゼルエンジンと電動モーターを組み合わせた「S300ブルーテック ハイブリッド」の4種類。特に「S300ブルーテック ハイブリッド」は、欧州複合モードで4.4リッター/100km(22.7km/リッター)という優れた燃費性能を実現している。
また、ボディータイプには全長×全幅×全高=5116×1899×1483mm、ホイールベース=3035mmのショートホイールベース仕様と、全長×全幅×全高=5246×1899×1483mm、ホイールベース=3165mmのロングホイールベース仕様の、2種類が用意されている。

ドイツ本国での価格はS350ブルーテック(ショート)の7万9789.5ユーロ(約1053万円)から、S500(ロング)の10万7635.5ユーロ(約1421万円)まで。(いずれも1ユーロ=132円で換算、19%の付加価値税を含む)

(webCG)

→新型「メルセデス・ベンツSクラス」のより詳細な写真はこちら。
 

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • シトロエンC3シャイン<エメラルドインテリア>(FF/6AT)【試乗記】 2021.1.27 試乗記 マイナーチェンジで見た目の印象が強まった、シトロエンのコンパクトハッチ「C3」。そのステアリングを握ったなら、つくり手のポリシーを感じるほどの、個性的な乗り味にも驚かされることだろう。
  • メルセデスが新型「Sクラス」を発売 高級サルーンのベンチマークがフルモデルチェンジ 2021.1.28 自動車ニュース メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を日本に導入。よりシンプルとなったデザインが特徴で、車内にはAR技術を用いたナビゲーションや立体的に映像を表示するディスプレイ、ジェスチャーコントロール機能など先進装備を満載。運転支援機能も大幅に進化している。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2021.2.24 試乗記 “フルモデルチェンジ並み”の改良が行われた「レクサスIS300h」に試乗。開発陣が主張する全面改良を選ばなかった理由や、こだわりの変更点をひとつずつ確かめていくと、そこには期待や予想を大きく超えた進化がみえてきた。
ホームへ戻る