メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」発表

2013.05.17 自動車ニュース
新型「メルセデス・ベンツSクラス」
新型「メルセデス・ベンツSクラス」
    拡大

独ダイムラー、新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表

独ダイムラーは2013年5月15日(現地時間)、新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表した。

「Sクラス」は、メルセデス・ベンツがラインナップするセダンの最上級モデルである。今回の新型は、1972年に誕生した初代から数えて6世代目にあたり、「Intelligent Drive」「Efficient Technology」「Essence of Luxury」の3つのコンセプトのもとに開発が進められた。

エクステリアデザインは歴代Sクラスの伝統を踏襲したものとされ、フロントグリルはより直立した大型のデザインに変更。長大なボンネットや流れるような丸いルーフライン、緩やかに傾斜するリア周りの処理などにより、セダンらしい古典的なプロポーションが与えられている。またLEDを多用したフロントランプ、リアランプも特徴の一つで、インテリアにもおよそ300個ものLED球が用いられている。

装備には最新のものが取り入れられており、50km/h以下の速度域での追突事故回避に貢献する「PRE-SAFEブレーキ」をはじめとした、最新の安全運転支援システムを採用。レーダークルーズコントロールの「ディストロニックプラス」や、夜間走行時に役立つ「ナイトビューアシストプラス」、レーンキーピングアシストシステムなど、さまざまな機能が備わっている。

ラインナップは3リッターV6ディーゼルターボエンジンを搭載した「S350ブルーテック」、4.7リッターV8ターボエンジンの「S500」、3.5リッターV6エンジンを電動モーターでアシストする「S400ハイブリッド」、2.2リッター直4ディーゼルエンジンと電動モーターを組み合わせた「S300ブルーテック ハイブリッド」の4種類。特に「S300ブルーテック ハイブリッド」は、欧州複合モードで4.4リッター/100km(22.7km/リッター)という優れた燃費性能を実現している。
また、ボディータイプには全長×全幅×全高=5116×1899×1483mm、ホイールベース=3035mmのショートホイールベース仕様と、全長×全幅×全高=5246×1899×1483mm、ホイールベース=3165mmのロングホイールベース仕様の、2種類が用意されている。

ドイツ本国での価格はS350ブルーテック(ショート)の7万9789.5ユーロ(約1053万円)から、S500(ロング)の10万7635.5ユーロ(約1421万円)まで。(いずれも1ユーロ=132円で換算、19%の付加価値税を含む)

(webCG)

→新型「メルセデス・ベンツSクラス」のより詳細な写真はこちら。
 

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を発表 新時代のユーザーインターフェイスを提案 2020.9.3 自動車ニュース 独ダイムラーが7代目となる新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表。新しいコンセプトが取り入れられたユーザーインターフェイスが特徴で、立体映像やVR技術を用いた情報表示、ジェスチャーによる各種機能の操作など、多数の新機軸が取り入れられている。
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
  • 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を発表 伝統のロングノーズにV6ターボを搭載 2020.9.16 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。7代目となる新型「フェアレディZ」のデザインを示唆するモデルで、初代をほうふつさせるエクステリアが特徴。パワートレインは、V6ツインターボエンジンと6段MTを組み合わせているという。
  • ポルシェ911カレラ(後編) 2020.9.4 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第2回は、「ポルシェ911カレラ」(992型)の試乗リポート後編。最新の911は、自然吸気フラット6を搭載する愛車「911カレラS」(991型前期)からどう進化していたのか。オーナーだからこその評価を聞いた。
ホームへ戻る