プジョー308CCに全仏オープン公認の限定車

2013.05.22 自動車ニュース
「プジョー308CC ローランギャロス」
「プジョー308CC ローランギャロス」 拡大

「プジョー308CC」に全仏オープンテニス公認モデル「ローランギャロス」が登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2013年5月22日、「プジョー308CC」に特別仕様車「308CC Roland-Garros(ローランギャロス)」を設定し、同年5月24日に発売すると発表した。

「308CCローランギャロス」は、仏本国のオートモビル・プジョーがオフィシャルスポンサーとなっている、全仏オープンテニストーナメントの開催にあわせて毎年設定されている特別仕様車である。

今年のモデルはエレガンスをコンセプトに、インテリアには前面がライトグレー、側面と背面がブラックのツートンカラーのレザーシートを装備。テニスボールをイメージして、ステッチの色にはレモンイエローを採用している。

具体的な装備の内容は、以下の通り。
・ライトグレーレザーシート
(前席電動シート、シートヒーター、ネックウォーマー、運転席ポジションメモリー機能)
・「ローランギャロス」エンブレム(左右ドア前方部)
・「ローランギャロス」刺しゅう入りフロアマット
・18インチアロイホイールLincancabur(ダーク)
・ロゴ入りウインドディフレクター

ボディーカラーはパールホワイトとペルラ・ネラ・ブラックの2色。ハンドル位置は右のみで、価格は415万円となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
308CC, プジョー, 自動車ニュース

プジョー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308CC グリフ(FF/4AT)【試乗記】 2009.8.14 試乗記 プジョー308CC グリフ(FF/4AT)
    ……455.0万円

    プジョーの4人乗りオープン「308CC」。実用的でオシャレなクーペ・カブリオレに試乗して一番心に残ったのは、屋根が開くところではなく……。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • 「プジョー308CC」新型6ATを搭載、燃費も向上 2010.5.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年5月7日、新型6ATを搭載するなどドライブトレインが一新された308シリーズのオープンモデル、新「308CC」の販売を開始した。
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
ホームへ戻る