メルセデス・ベンツ、新型「SLクラス」を発売

2012.03.18 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ、オールアルミボディーの新型「SLクラス」を発売

メルセデス・ベンツ日本は2012年3月18日、11年ぶりにフルモデルチェンジしたラグジュアリーロードスター「SLクラス」を発売した。

■6代目は“Super Light”なオールアルミボディー

東京・六本木の「東京ミッドタウン」では2012年3月18日から24日まで、メルセデス・ベンツ日本が冠スポンサーを務める「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク東京2012-13 A/W」が開催される。その公式会場である「メルセデス・ベンツコネクション」で、ファッション・ウィークの開幕を告げるにふさわしいイベントとして、新型「SLクラス」のプレス発表会が開かれた。

メルセデス・ベンツコネクションの正面や室内のステージなどにディスプレイされた新型SLクラスは、1952年に発表された“ガルウイング”の初代「300SL」から数えて6代目にあたるモデル。メルセデスの量産モデルとして初めてオールアルミボディーを採用することで文字どおり「SL=Super Light」を実現している。

ラインナップは、SL63 AMG(1980万円)を筆頭に、SL550ブルーエフィシェンシー(1560万円)、SL350ブルーエフィシェンシー(1190万円)の3グレードの展開となる。納車開始はSL350とSL550が2012年6月以降、SL63 AMGが8月以降の予定となる。

■リトラクタブルハードトップを採用

直立したクーペグリルやフロントフェンダーのエアアウトレットなど、メルセデスのスーパースポーツ「SLS AMGクーペ/ロードスター」のイメージを色濃く受け継ぐ新型SLクラスのエクステリア。全長×全幅×全高=4612(SL63 AMGは4633)×1877×1315mmのボディーは先代のSLクラスに比べてそれぞれ50mm長く、57mm幅広いが、オールアルミボディーを採用することで最大140kg、約3割の軽量化に成功している。もちろん軽いだけでなく、ボディー剛性の向上も図られており、旧型に比べてねじれ剛性は20%以上アップしたという。SL63 AMGでは、トランクリッドにカーボン素材が用いられ、さらなる軽量化が図られている。

ルーフは、先代同様、リトラクタブルハードトップの「バリオルーフ」を採用する。ルーフの一部にマグネシウムを用いることで、旧型比で15kgの軽量化を果たしたのは見逃せない。メタルルーフのほかに、「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」がオプションとして選択可能(SL63 AMGは標準)。すでに「SLKクラス」に導入されているこの装備は、日差しの強いときにはダークに、寒いときなどはクリアにと、状況に応じてルーフトップの濃淡をスイッチ操作で切り替えられるもの。ルーフの開閉に要する時間は20秒弱だ。

インテリアは、上質なレザーやウッドを惜しみなく使うことで、SLクラスにふさわしい高級感を演出する。

■燃費は22〜30%も向上

エンジンは、SL350に3.5リッターV6(306ps)、SL550に4.7リッターV8ツインターボ(435ps)、そして、SL63 AMGには5.5リッターV8ツインターボ(537ps)がそれぞれ搭載される。いずれも「ブルーダイレクトテクノロジー」を用いた直噴エンジンで、アイドリングストップの「ECOスタートストップ機能」や高効率化が図られた7段オートマチックの採用などにより、10・15モード燃費は軒並み向上。
具体的な数字を挙げると、SL350は29%向上の14.7km/リッター、SL550では同22%の11.0km/リッター、SL63 AMGは同30%の10.1km/リッターを達成している。なお、オートマチックトランスミッションは、SL350とSL550が7Gトロニックプラス、SL63 AMGにはトルクコンバーターの代わりに多板クラッチを用いるAMGスピードシフトMCTが搭載される。

軽量化とバネ下重量軽減のために、サスペンションにはアルミが多用される。SL350には電子制御サスペンションのアダプティブダンピングシステムを搭載。一方、SL550には、ABC(アクティブボディコントロール)と呼ばれるシステムが採用される。SL63 AMGでは、ABCをベースに専用チューンしたAMGスポーツサスペンションが組み合わされる。ステアリングは電動パワーステアリングとなり、操舵(そうだ)量によりギア比を変化させるダイレクトステアリングも採用される。

■ユニークな新機構

新型SLクラスには興味深い新機構が搭載されている。まずは「マジックビジョンコントロール」。ワイパーブレードに設けられた多数の穴からウォッシャー液を噴射するというもので、ウォッシャー液が飛び散らず、ルーフを開けた状態でも室内を汚すことがないのはうれしい配慮だ。ふたつめは「フロントバスシステム」で、こちらは低音用のスピーカーをドアではなく、運転席/助手席の足元に設置することで、ルーフの開閉状態によらず最適な音響を実現するというものだ。
さらに、リアバンパーに足を近づけるだけでトランクの開閉が可能な「ハンズフリーアクセス」を採用。メルセデスによれば、開けるだけでなく、閉じる機能を持つのはこのシステムだけだという。

加えて、自動ブレーキ機能の「レーダーセーフティパッケージ」やヘッドライトの配光を自動調節するインテリジェントライトシステムなど、数々のドライバー支援システムを標準搭載。最新のテクノロジーがぎっしり詰まったラグジュアリーロードスター、それが新型SLクラスである。

なお、メルセデス・ベンツ日本は、新型SLクラスの発売を記念して特別仕様車「SL550ブルーエフィシェンシー エディション1」を同日発売した。
SL550ブルーエフィシェンシーをベースに、ボディーカラーに専用の“マグネタイトブラック”を採用。内装を“デジーノ クラシックレッド”のナッパフルレザーとしたほか、通常はオプションとなる“AMGスポーツパッケージ”を標準装着するなど、贅沢(ぜいたく)かつスポーティーなクルマに仕上がっている。価格は1730万円で、70台の限定販売となる。

(文=生方聡)

新型「SLクラス」の発表では、同日に始まる「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク東京2012-13 A/W」で発表されるメルセデス・ベンツ プレゼンツ デザイナー中里唯馬氏の最新コレクション(写真右)も披露された。写真左はメルセデス・ベンツ日本代表取締役社長兼CEOのニコラス・スピークス氏。
新型「SLクラス」の発表では、同日に始まる「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク東京2012-13 A/W」で発表されるメルセデス・ベンツ プレゼンツ デザイナー中里唯馬氏の最新コレクション(写真右)も披露された。写真左はメルセデス・ベンツ日本代表取締役社長兼CEOのニコラス・スピークス氏。 拡大
東京・六本木の「メルセデス・ベンツコネクション」正面に展示される「SL550ブルーエフィシェンシー」と「SL350ブルーエフィシェンシー」。
東京・六本木の「メルセデス・ベンツコネクション」正面に展示される「SL550ブルーエフィシェンシー」と「SL350ブルーエフィシェンシー」。 拡大
メルセデス・ベンツ、新型「SLクラス」を発売の画像 拡大
「SL63 AMG」のインテリア。
「SL63 AMG」のインテリア。 拡大
「SL63 AMG」
「SL63 AMG」 拡大
「SL550ブルーエフィシェンシー」のインテリア。(写真は、AMGスポーツパッケージ装着車)
「SL550ブルーエフィシェンシー」のインテリア。(写真は、AMGスポーツパッケージ装着車) 拡大

メルセデス・ベンツ、新型「SLクラス」を発売の画像 拡大
「SL550ブルーエフィシェンシー」のAMGスポーツパッケージ装着車。
「SL550ブルーエフィシェンシー」のAMGスポーツパッケージ装着車。 拡大
荷室容量は、バリオルーフのオープン時が364リッター、クローズ時は504リッター(VDA方式)となる。
荷室容量は、バリオルーフのオープン時が364リッター、クローズ時は504リッター(VDA方式)となる。 拡大
「SL350ブルーエフィシェンシー」
「SL350ブルーエフィシェンシー」 拡大
新型「SLクラス」の発売を記念し、設定された「SL550ブルーエフィシェンシー エディション1」。70台の限定販売となる。
新型「SLクラス」の発売を記念し、設定された「SL550ブルーエフィシェンシー エディション1」。70台の限定販売となる。 拡大

関連キーワード:
SL, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ SL の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • 「AMG SL65」の装備を取り入れた特別仕様車「メルセデス・ベンツSL400グランドエディション」登場 2019.10.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年10月30日、メルセデス・ベンツのオープンスポーツモデル「SL」に特別仕様車「SL400グランドエディション」を設定し、同日、予約受注を開始した。「AMG SL65」用の装備や「SL400」に通常設定されていない装備が採用されている。
  • メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を発表 新時代のユーザーインターフェイスを提案 2020.9.3 自動車ニュース 独ダイムラーが7代目となる新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表。新しいコンセプトが取り入れられたユーザーインターフェイスが特徴で、立体映像やVR技術を用いた情報表示、ジェスチャーによる各種機能の操作など、多数の新機軸が取り入れられている。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.21 試乗記 主要な自動車ブランドの例にも漏れず、さまざまなSUVをラインナップするメルセデス・ベンツ。その一翼を担う新型車「GLB」とは、どんなクルマなのか? ガソリンターボの「GLB250 4MATICスポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る