「ポルシェ911」の50周年記念車が登場【フランクフルトショー2013】

2013.06.04 自動車ニュース
「ポルシェ911 50thアニバーサリーエディション」
「ポルシェ911 50thアニバーサリーエディション」 拡大

【フランクフルトショー2013】「ポルシェ911」の50周年記念モデルが登場

独ポルシェは2013年6月4日、「911」の誕生50周年を記念する特別限定車「911 50thアニバーサリーエディション」を発表した。

ベースとなったのは、最高出力400psを発生する3.8リッター6気筒エンジン搭載の「911カレラS」。RRモデルでありながら、4WDモデルである「カレラ4」ゆずりのワイドボディーを採用しており、フロントエアインテークに備わるクロム仕上げのトリムストリップ、エンジンコンパートメントグリルのフィン、テールランプの間に設けられたパネルなども特徴となっている。
エクステリアでは、このほかにもハイグロス仕上げのウィンドウフレームや、「GT3」などと同じスポーツデザインのドアミラーを採用。専用の20インチホイールは、往年の「フックスホイール」をモチーフにデザインされたもので、カラーリングはマットブラックにポリッシュ加工の組み合わせとなっている。

一方インテリアでは、メーターパネルに50年前と同じくグリーンのインデックスを採用。ホワイトの指針も往年の「911」を意識したもので、ピボット部にはシルバーのキャップがあしらわれている。
レザーシートについても、中央部に1960年代に使用されていた“ぺピータ”タータンをほうふつとさせる千鳥格子のファブリックを採用。運転席と助手席には14wayの電動調整機構が備わっており、オプションで18way調整の「アダプティブスポーツシート・プラス」を選ぶこともできる。
内装色はアゲートグレー/ガイゼルグレー、ブラック/ダークシルバーの2種類の組み合わせから選択が可能。シフトレバーとセレクターレバーはポルシェ エクスクルーシブによってデザインされたもので、ダッシュボードやドア、センターコンソールには、ブラッシュ仕上げのアルミニウム製装飾パネルが装着されている。

装備に関しては、足まわりにトレッドの拡大に合わせて専用のチューニングを施した「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」を採用。バイキセノンヘッドライトとダイナミックコーナリングライトを備えた「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)」や、スポーツエキゾーストシステムも標準装備される。

ボディーカラーはガイザーグレーメタリック、グラファイトグレー、ブラックモノクロームの3種類。生産台数は、初代911が1963年に発表されたことにちなんで、1963台の限定となっている。実車の公開は、フランクフルト国際モーターショー(IAA)のプレスデイ初日となる、2013年9月11日を予定。

(webCG)
 

関連キーワード:
911, ポルシェ, フランクフルトモーターショー2013, イベント, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • 「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場 2020.2.12 自動車ニュース 英アストンマーティンは2020年2月12日(現地時間)、「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」を発表し、予約注文受け付けを開始した。
  • 「日産セレナ」に車中泊用収納ベッドを備えた「マルチベッド」が登場 2020.2.10 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年2月10日、ミニバン「日産セレナ」に車中泊仕様の「マルチベッド」を設定し、販売を開始した。あわせて「NV200バネット」の車中泊仕様「マルチベッドワゴン」を一部改良し、同年1月31日に発売したと発表した。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • アウディR8クーペV10パフォーマンス5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.10 試乗記 最高出力620PSのV10エンジンをミドシップする「アウディR8」だが、いざ寄り添ってみればその表情は極めて温和で、付き合いづらいところはみじんもない。いかにスーパースポーツであっても、高い実用性を付与するのがアウディ流だ。
ホームへ戻る