BMWが「M3クーペ」の生産を終了

2013.07.09 自動車ニュース
生産ラインを流れる最後の現行「BMW M3クーペ」。
生産ラインを流れる最後の現行「BMW M3クーペ」。 拡大

BMWが「M3クーペ」の生産を終了

独BMWは2013年7月5日、「BMW M3クーペ」の生産を終了したと発表した。

通算で4代目となる現行「BMW M3クーペ」(E92型)のデビューは2007年。総生産台数は4万台あまりに上った。
このほか現行M3シリーズには、セダンと日本未導入のコンバーチブルがあり、生産台数は「M3セダン」が約1万台、「M3コンバーチブル」が約1万6000台に上る。コンバーチブル仕様の生産は、2013年9月まで継続される予定。

現行M3は、歴代で最も大きな4リッターV8エンジンを搭載する。2012年からドイツツーリングカー選手権(DTM)で活躍しており、同年にドライバー、チーム、およびマニュファクチャラーの「三冠タイトル」を獲得する活躍ぶりを見せた。

(webCG)

関連キーワード:
M3クーペ, BMW, -->, 自動車ニュース