「日産リーフ」の認定中古車制度がスタート

2013.07.23 自動車ニュース
「日産リーフ」
「日産リーフ」 拡大

「日産リーフ」の認定中古車制度がスタート

日産自動車は2013年7月23日、電気自動車「リーフ」の認定中古車制度を開始すると発表した。

 

認定中古車とは、日産が定める認定基準をクリアした車両に対し、購入販売会社が「認定証」を発行したものである。

認定基準は以下の5項目。
・バッテリー容量計が12セグメント(新車時から1セグメントも減っていない状態)の車両。
・事故修復歴(財団法人 日本自動車査定協会基準)がない車両。
・外観傷や内装傷、故障部位について補修、修復済みの状態の車両。
・走行距離5万km未満の車両。
・初度登録年月日からの経過が4年(48カ月)以内の車両。

認定中古車となるのは、これらすべての条件を満たす車両のみ。購入者には、5年もしくは10万kmまでのバッテリー性能保証や、メンテナンスサービスなどが提供される。

(webCG)
 

関連キーワード:
リーフ, 日産, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • 【SUPER GT 2021】スバルとSTIが2021年の参戦体制を発表 新型「スバルBRZ GT300」を投入 2021.2.22 自動車ニュース スバルとそのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は、新型「スバルBRZ」をベースに開発したニューマシンで、SUPER GTの2021年シーズンに参戦すると発表した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
ホームへ戻る