独BMWが「M4」のコンセプトカーをお披露目

2013.08.16 自動車ニュース
「BMWコンセプトM4クーペ」
「BMWコンセプトM4クーペ」 拡大

独BMWが「M4」のコンセプトカーをお披露目

独BMWは2013年8月15日、「コンセプトM4クーペ」を、米国で現在開催中のクラシックカーイベント「ペブルビーチ・オートモーティブ・ウィークエンド」で発表した。

コンセプトM4クーペは、「BMW 4シリーズ」をベースとした高性能モデル「M4」のデザインを示唆するコンセプトモデルである。

外観上の特徴としては、最近のMモデルに共通のダブルスポークデザインのキドニーグリルや、フロントバンパーに開けられた大開口のエアインテーク、ボンネットのパワーバルジ、大きく張り出したホイールアーチ、5ダブルスポークデザインのホイールなどが挙げられる。またルーフやフロントリップスポイラー、リアディフューザーなどには、CFRPを採用している。

なお、エンジンやパワートレインなどの詳細については明らかにされていない。

(webCG)

→「BMWコンセプトM4クーペ」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
4シリーズ クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 4シリーズ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)/220dグランクーペ(FF/8AT)【海外試乗記】 2020.2.27 試乗記 2020年春に日本の道を走り始めるBMWのニューモデル「2シリーズ グランクーペ」。コンパクトな4ドアクーペの走りには、どんな特徴があるのか? 駆動方式やパワーユニットの異なる2モデルにポルトガルで試乗した。
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • マクラーレンが公道を走れるレーシングカー「620R」を日本初公開【オートモビル カウンシル2020】 2020.3.23 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブは2020年3月23日、千葉県の幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル2020)」(開催期間:4月3日~5日)において、「マクラーレン620R」を日本初公開すると発表した。
ホームへ戻る