ルノー、「ウインド ゴルディーニ」を発売

2012.03.08 自動車ニュース

ルノー、「ウインド ゴルディーニ」を発売

ルノー・ジャポンは2012年3月8日、小型オープンカー「ウインド」のスペシャルモデル「ウインド ゴルディーニ」を発売した。

■カタログモデルとしてラインナップ

かつてモータースポーツで活躍し、人気を博したルノーのチューナー「ゴルディーニ」のイメージを受け継ぎ、よりファッション性を高めたブランドとしてゴルディーニが復活したのは周知のとおり。その名を冠したモデルとして、今回日本に導入された「ウインド ゴルディーニ」は、「ルーテシア ゴルディーニ R.S.」「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」に続く第3弾となる。

ウインドはルノー・スポールによって独自に企画・生産されるため、これまでのゴルディーニモデルと異なり、「ルノー・スポール」の呼び名は与えられていない。とはいえ、このスペシャルなウインドも、これまでのゴルディーニモデルと同様に専用の仕立てとなる。

ボディーカラーは「ブルー マルト メタリック」に、“G”の透かし文字が入った2本のホワイトストライプを施した専用色。17インチホイールはシルバー&ブルーのカラーリングを設定している。ホワイトカラーのエアインテークフィンとサイドミラー、ブラックメタル調ハードトップ、専用エンブレムもゴルディーニ仕様の特徴だ。
内装では、ブルー&ブラックのレザースポーツシート(ロゴ刺しゅう入り)のほか、ストライプの入ったレザーステアリングホイール、ロゴ入りシフトノブ、ブルーシフトブーツ、ブルー&ホワイトのドア開閉用ストラップなどが備わる。

なお、エンジンのパワー(134ps、16.3kgm)や足まわりのセッティングは標準仕様と変わらず、左ハンドルおよび5段MTのみが用意されることも共通となる。

価格は標準モデルの24万円アップとなる279万円。

■「スタイルパック・キャンペーン」を実施

同時に、標準モデル「ウインド」の、外観をスタイリッシュにする装備を特別価格で提供する「スタイルパック・キャンペーン」を、2012年3月8日から同年7月31日の期間限定で開始する。
装備は、シルバー&ブラック塗装の17インチアルミホイール、205/40R17タイヤ(ダンロップ ルマン4)、HIDバルブキット、クロムメッキ仕様のリアエアロフィンの4アイテム。キャンペーン期間中にウインドを成約すると、42万3812円相当の装備が10万円(取り付け工賃込み)で提供される。

(文=岩尾信哉)

ウインド ゴルディーニ
ウインド ゴルディーニ 拡大

ルノー、「ウインド ゴルディーニ」を発売の画像 拡大

ルノー、「ウインド ゴルディーニ」を発売の画像 拡大
ルノー、「ウインド ゴルディーニ」を発売の画像 拡大
「ウインド」のスタイルパック装着車。
「ウインド」のスタイルパック装着車。 拡大

関連キーワード:
ウインド, ルノー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ウインド(FF/5MT)【試乗記】 2011.9.15 試乗記 ルノー・ウインド(FF/5MT)
    ……255万円

    大衆車をベースにつくられたファンカー、それが「ウインド」の実体である。その成り立ちは走りやパッケージングにどう影響する? “風”を名乗るフレンチオープンの乗り味を試した。 
  • ルノー・ウインド ゴルディーニ(FF/5MT)【試乗記】 2012.4.27 試乗記 ルノー・ウインド ゴルディーニ(FF/5MT) ……279万円

    ルノーの2シーターオープン「ウインド」にファッション性を高めた上級グレード「ゴルディーニ」が登場。その走りを試した。
  • ホンダが新型「N-ONE」の情報を先行公開 外観のイメージはそのままに中身を刷新 2020.9.11 自動車ニュース ホンダが2020年秋にモデルチェンジする「N-ONE」の情報を先行公開。新型は丸・四角・台形を基調とする従来モデルのエクステリアデザインを踏襲。モデルラインナップは「オリジナル」「プレミアム」「RS」の3種類で、RSにはターボ+6段MT仕様も用意される。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
ホームへ戻る