レクサス本気の「ドライビングレッスン」体験記(後編)

もっとチャレンジしたくなる 2013.09.19 LEXUS AMAZING EXPERIENCE

データに基づくアドバイス

直線ブレーキとフルブレーキング&レーンチェンジで体を温めたところで、ショートサーキットに移動。「6 Sense Driving(6センス ドライビング)」というメニューを体験する。
これは文字通り第六感までフル動員してクルマと対話するための練習で、教習車となる「レクサスIS350」にはGセンサーとデータロガーが装着されている。
Gセンサーは0.9Gを超すと「ピー」という音を発生する設定で、ドライバーは運転しながらどれくらいのGがかかっているかを瞬時に理解できる。
また、データロガーの運転データはインストラクターの手に渡り、数値やグラフをもとに、カウンセリングを受けるように一対一で具体的なアドバイスをもらうことができる。

このメニューでは、インストラクターがドライブする先導車が付く。といっても、後続車の速度を抑える意図ではなく、走行ラインやブレーキングポイントを示しながら引っ張ることを目的としている。少しでも操作をミスしたりアクセルオンのタイミングをちゅうちょすると、先導車との間隔が開くのがその証拠だ。
富士のショートサーキットは短いながらもアップ&ダウンがあり、出口に向けてタイトになるイヤらしいコーナーがあるなど、なかなか手ごわいレイアウト。でも、先導車の動きを見ながら、意外と最終コーナーのクリッピングポイントを奥に設定していることや、1コーナー手前で思ったより早めにブレーキングランプが点灯していることを学習すると、次第にスムーズに走れるようになってくる。

4周1セットを2セット終えたところで、データロガーのデータを確認する。まずはコース図を見ながら、GT500クラスの現役ドライバー石浦選手の走行ラインと比較。リポーターには、低速コーナーで早めにインについてしまう傾向があることがはっきりとわかる。インストラクターから「もっと大きなRの弧を描くように」とのアドバイスを受ける。

それから、アクセルペダル、ブレーキペダル、ステアリングホイール操舵(そうだ)のタイミングと量を石浦選手のグラフと比べる。ここで明らかになったのは、コーナーでクルマが向きを変える前にアクセルをオンにしてしまっていることだ。石浦選手より早いタイミングでアクセルペダルを踏んでいるけれど、向きが変わっていないから思いきり踏めていなくて、さらにはアクセルを戻してしまっている。結果、次のストレートでのスピードが伸びない。
「しっかり向きを変えて体勢が整ったところでフルスロットル」というアドバイスをいただく。前々からうすうす感じていた自分の運転の欠点も、こうして可視化するとすんなり納得できる。この時のグラフ一式は、後日郵送されるとのことだ。
ここで午前の部は終了。ランチ休憩へと入った、のだけれど……。

スムーズなドライビングを体得するためのメニュー「6 Sense Driving」のワンシーン。計測器で得られたデータを元に、自らの運転を分析する。
スムーズなドライビングを体得するためのメニュー「6 Sense Driving」のワンシーン。計測器で得られたデータを元に、自らの運転を分析する。
    拡大
レッスン中の車内の様子。インストゥルメントパネルの各所に見られるのが、走りを分析するための計測器。
レッスン中の車内の様子。インストゥルメントパネルの各所に見られるのが、走りを分析するための計測器。
    拡大
舞台は、ショートサーキット。先導車の「LS」に参加者の「IS」が続く。
舞台は、ショートサーキット。先導車の「LS」に参加者の「IS」が続く。
    拡大
走行後はその場で、データロガーで得られた“走りの特徴”を見ながら、インストラクターのアドバイスを受けられる。
走行後はその場で、データロガーで得られた“走りの特徴”を見ながら、インストラクターのアドバイスを受けられる。
    拡大

レクサス本気の「ドライビングレッスン」体験記(後編)の画像 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスRC F“パフォーマンスパッケージ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.23 試乗記 「限界走行性能の最大化」や「意のままに操れること」を目標に、徹底的に磨き込まれた「レクサスRC F」。その崇高な求道精神で“理想の走り”は実現できたのか? トップグレードの“パフォーマンスパッケージ”で確かめた。
  • レクサスRC F/RC【試乗記】 2019.6.6 試乗記 パワフルなV8エンジンから足まわり、そして空力性能と、あらゆる点に改良が加えられた高性能スポーツクーペ「レクサスRC F」。最新型の到達点を確かめるべく「RC350」や「RC300h」とともに富士スピードウェイで試乗した。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.12.2 試乗記 レクサスの最上級スペシャリティーモデル「LC」に、待望の「コンバーチブル」が登場。満を持してリリースされた、現行レクサスで唯一のオープントップモデルは、ライバルとは趣を異にする“ユニークな魅力”の持ち主だった。
ホームへ戻る