最高出力550psの「ジャガーXJR」登場

2013.10.04 自動車ニュース
「ジャガーXJR」
「ジャガーXJR」
    拡大

最高出力550psの「ジャガーXJR」登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2013年10月3日、新型「XJR」の受注を開始した。

ジャガーXJRは、同社のフラッグシップセダンである「XJ」の高性能モデル。最高出力510psを発生する「XJ スーパースポーツ スタンダードホイールベース」に代わって日本に導入されることとなった。

パワーユニットには、最高出力を550psまで強化したスーパーチャージャー付き5リッターV8エンジン、トランスミッションには8段ATを採用しており、0-100km/h加速は4.6秒、最高速度は280km/hと、XJのラインアップの中では最も優れた動力性能を発揮する。他のグレードと同じくアイドリングストップシステムを標準装備しており、JC08モード燃費は6.6km/リッターとなっている。

また、ダンパーとスプリングに調整を施すなど、足まわりも専用チューニングとされる。「Farallon」と呼ばれる20インチ軽量鍛造ホイールを標準で装備するほか、電子制御式アクティブディファレンシャルとダイナミックスタビリティーコントロールシステム、ステアリングシステムなどにも改良が施される。

内外装の一部も同車専用のデザインとなっており、エクステリアにはエアインテークが特徴的なフロントバンパーや、ロワーフロントスポイラー、リアスポイラー、サイドシルを装備。フロントグリルには、赤を差し色に用いた「レッドジャガーグラウワーバッジ」と、新デザインの「R」ロゴのバッジを採用している。
またインテリアでは、前席にソフトグレインレザー仕様のスポーツシートを採用している。

ハンドル位置には右と左の両方を用意。価格は1695万円となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
XJ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XJ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第532回:歴代モデルを駆って目指すは花の都
    ステアリングを握って知る「ジャガーXJ」の50年史
    2018.10.27 エディターから一言 今年でデビュー50周年を迎えたジャガーの基幹サルーン「XJ」。その歴代モデルを駆って、英キャッスル・ブロムウィッチから仏パリを目指すグランドツアーに参加。実際にステアリングを握りながら、英国を代表するスポーツサルーンがたどった変遷を振り返る。
  • ルノー・メガーヌ インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.4 試乗記 マイナーチェンジで新世代の1.3リッターターボエンジンが採用された「ルノー・メガーヌ」に試乗。同ユニットを積む弟分の「ルーテシア」や従来型の1.6リッターモデルとの違いについてリポートする。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
  • ジャガーXJR575(FR/8AT)【試乗記】 2018.8.31 試乗記 モデル末期ともうわさされるジャガーのフラッグシップサルーン「XJ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「XJR」が、よりパワフルな「XJR575」に進化を遂げた。575psのパワーを“後ろ足”だけで地面にたたき付ける、英国最後の猛獣の走りを報告する。
  • 驚きの販売台数に注目! トヨタは旧型「カローラ」の販売をいつまで続けるのか? 2021.10.13 デイリーコラム 2021年9月6日にトヨタが「カローラ アクシオ/カローラ フィールダー」の一部改良を発表した。ご承知の通り、いわゆる先代モデルとなる11代目のカローラだ。新型が登場してはや2年、旧型はどんな台数規模で、どんな人々に買い支えられているのだろうか。
ホームへ戻る