ホンダが新型「フィット」の受注状況を発表

2013.10.07 自動車ニュース
「ホンダ・フィット ハイブリッド Fパッケージ」
「ホンダ・フィット ハイブリッド Fパッケージ」
    拡大

新型「ホンダ・フィット」、受注の7割がハイブリッド車

本田技研工業は2013年10月7日、同年9月6日に発売した新型「フィット」「フィットハイブリッド」の、発売からの約1カ月間における受注状況を発表した。

「ホンダ・フィット13G Fパッケージ」
「ホンダ・フィット13G Fパッケージ」 拡大

それによると、2013年10月6日現在の累計受注台数は、販売計画(1万5000台/月)の4倍を上回る、6万2000台以上となった。

注文の内訳を見ると、ガソリン車とハイブリッド車(HV)の比率は前者が30%、後者が70%と、購入者の2/3以上がHVを選択している。さらにHV内でのグレード別構成比を見ると、「ハイブリッド Lパッケージ」が43%、「ハイブリッド Fパッケージ」が36%と、エントリーグレードやスポーティーなエアロ装着車ではなく、機能装備の充実した中間グレードが人気を集める結果となった。

一方ガソリン車では、「13G Fパッケージ」が45%、「13G Lパッケージ」が34%と、販売台数の多くを1.3リッター車が占めている。

(webCG)
 

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット モデューロX プロトタイプ(FF)【レビュー】 2020.12.10 試乗記 ホンダのコンパクトハッチバック車「フィット」に、間もなく人気のコンプリートカー「モデューロX」が追加される。プロトタイプにサーキットでチョイ乗りという限られた条件ながら、ホンダアクセス自慢の「実効空力デバイス」を味わってみた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
ホームへ戻る