2リッターターボ搭載の「ザ・ビートル」登場

2013.10.09 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ」
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ」
    拡大

2リッターターボ搭載の「ザ・ビートル」登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年10月8日、「ザ・ビートル」シリーズに2リッターTSIエンジンを搭載したスポーツグレード「ザ・ビートル ターボ」を設定し、販売を開始した。

ザ・ビートル ターボは、最高出力211ps/5300-6200rpm、最大トルク28.6kgm/1700-5200rpmを発生する2リッター直4エンジンや、デュアルクラッチ式ATの6段DSGなど、先代の「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」と同じパワートレインを採用したスポーツグレードである。

内外装でも他のグレードとの差別化を図っており、ドアミラーやインストゥルメントパネル、ステアリングホイールトリム、ドアトリムなどをブラックでコーディネート。エクステリアにはリアディフューザーやリアスポイラー、クロムデュアルエキゾーストパイプ、235/45R18サイズのタイヤと18インチ5スポークアルミホイール、レッドブレーキキャリパーなどを装着している。

一方インテリアには、スポーツシートやアンビエントライト、アルミ調ペダルクラスターなどを用意。メーカー純正ナビの「712SDCW」を標準で装備するほか、オプションで、油温計とストップウオッチ、ブースト計を備えた3連メーターや、LEDポジションランプ付きバイキセノンヘッドライト、ダークティンテッドガラス(左右リアガラス)からなる「Coolster」パッケージも設定されている。

ハンドル位置は右のみ。価格は348万円。

(webCG)

関連キーワード:
ザ・ビートル, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル2.0 Rライン マイスター(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.15 試乗記 フォルクスワーゲンのスペシャルティーモデル「ザ・ビートル」の販売終了とともに、「タイプI」に始まった80年にもおよぶ「ビートル」の歴史が幕を閉じる。最後の特別仕様車「2.0 Rライン マイスター」に乗り“20世紀のアイコン”たる存在をあらためて考えた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にツートンカラーの限定車 2017.11.28 自動車ニュース フォルクスワーゲンから「ザ・ビートル」の特別仕様車「ブラックスタイル」が登場。ホイールやドアミラーなど、各所がブラックでコーディネートされたエクステリアを特徴とする、300台の限定モデルである。ボディーカラーは赤/黒と白/黒の2種類が用意される。
ホームへ戻る