2リッターターボ搭載の「ザ・ビートル」登場

2013.10.09 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ」
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ」
    拡大

2リッターターボ搭載の「ザ・ビートル」登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年10月8日、「ザ・ビートル」シリーズに2リッターTSIエンジンを搭載したスポーツグレード「ザ・ビートル ターボ」を設定し、販売を開始した。

ザ・ビートル ターボは、最高出力211ps/5300-6200rpm、最大トルク28.6kgm/1700-5200rpmを発生する2リッター直4エンジンや、デュアルクラッチ式ATの6段DSGなど、先代の「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」と同じパワートレインを採用したスポーツグレードである。

内外装でも他のグレードとの差別化を図っており、ドアミラーやインストゥルメントパネル、ステアリングホイールトリム、ドアトリムなどをブラックでコーディネート。エクステリアにはリアディフューザーやリアスポイラー、クロムデュアルエキゾーストパイプ、235/45R18サイズのタイヤと18インチ5スポークアルミホイール、レッドブレーキキャリパーなどを装着している。

一方インテリアには、スポーツシートやアンビエントライト、アルミ調ペダルクラスターなどを用意。メーカー純正ナビの「712SDCW」を標準で装備するほか、オプションで、油温計とストップウオッチ、ブースト計を備えた3連メーターや、LEDポジションランプ付きバイキセノンヘッドライト、ダークティンテッドガラス(左右リアガラス)からなる「Coolster」パッケージも設定されている。

ハンドル位置は右のみ。価格は348万円。

(webCG)

関連キーワード:
ザ・ビートル, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル2.0 Rライン マイスター(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.15 試乗記 フォルクスワーゲンのスペシャルティーモデル「ザ・ビートル」の販売終了とともに、「タイプI」に始まった80年にもおよぶ「ビートル」の歴史が幕を閉じる。最後の特別仕様車「2.0 Rライン マイスター」に乗り“20世紀のアイコン”たる存在をあらためて考えた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の発表会場から 2016.9.21 画像・写真 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年9月21日、デザインや安全装備、インフォテインメントシステムをリファインした「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」を発売した。全8色のザ・ビートルが並んだ発表会の様子を、写真とともにリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ニュービートル カブリオレ(6AT)【試乗記】 2003.6.10 試乗記 フォルクスワーゲン・ニュービートル カブリオレ(6AT)
    ……333.0万円

    今年2003年のデトロイトショーでデビューを果たしたフォルクスワーゲン・ニュービートルカブリオレ。同年6月14日からわが国でも販売が開始され、さっそくプレス試乗会が開かれた。横浜に赴いた『webCG』記者は、しかし……。


  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
  • フォルクスワーゲン、ザ・ビートルの3グレードに特別仕様車を設定 2018.10.23 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年10月23日、「ザ・ビートル」が2019年に日本での販売を終了するのに伴い、“See You The Beetle キャンペーン”の第4弾として特別仕様車「ザ・ビートル マイスター」を発売すると発表した。
ホームへ戻る