VW、レザー内装の「ザ・ビートル」の装備を強化

2013.10.22 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン レザーパッケージ」


    「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン レザーパッケージ」
    拡大

フォルクスワーゲン、レザー内装の「ザ・ビートル」の装備を強化

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年10月22日、「ザ・ビートル」のレザー内装仕様「ザ・ビートル デザイン レザーパッケージ」の装備の設定を変更し、販売を開始した。

今回の変更では、車両前後の障害物の有無を警告音でドライバーに知らせる「パークディスタンスコントロール」と、フォルクスワーゲンの純正カーナビゲーションシステム「712SDCW」を標準装備とした。

712SDCWは、ITSスポット(DSRC)に対応し、オンライン交通情報探索機能を利用できるほか、iPhoneを接続してニュースや天気予報、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の情報を閲覧できるiPhone連携機能などに対応したカーナビゲーションシステムである。最初の2年間は、地図の更新代が無料となっている。

価格は331万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ザ・ビートル, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル2.0 Rライン マイスター(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.15 試乗記 フォルクスワーゲンのスペシャルティーモデル「ザ・ビートル」の販売終了とともに、「タイプI」に始まった80年にもおよぶ「ビートル」の歴史が幕を閉じる。最後の特別仕様車「2.0 Rライン マイスター」に乗り“20世紀のアイコン”たる存在をあらためて考えた。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の発表会場から 2016.9.21 画像・写真 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年9月21日、デザインや安全装備、インフォテインメントシステムをリファインした「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」を発売した。全8色のザ・ビートルが並んだ発表会の様子を、写真とともにリポートする。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • 「ボルボV60」に48Vマイルドハイブリッドパワートレインの「B4」「B5」登場 2020.10.21 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年10月21日、ステーションワゴン「V60」の一部仕様変更モデルの導入を発表し、販売を開始した。パワートレインの設定を見直しており、純ガソリンモデルに代えて48Vマイルドハイブリッド車を導入。全車が電動パワートレイン搭載モデルとなっている。
ホームへ戻る