シトロエンが「グランドC4ピカソ」を公開【東京モーターショー2013】

2013.11.05 自動車ニュース
「シトロエン・グランドC4ピカソ」
「シトロエン・グランドC4ピカソ」
    拡大

【東京モーターショー2013】シトロエンが「グランドC4ピカソ」を公開

プジョー・シトロエン・ジャポンは2013年11月5日、第43回東京モーターショー2013(開催期間:2013年11月20日~12月1日、一般公開日は11月23日から)における、シトロエンブランドの出展概要を発表した。

「DS3カブリオ」
「DS3カブリオ」
    拡大
「C3」
「C3」
    拡大

今回、シトロエンはブランドスローガンである「CRÉATIVE TECHNOLOGIE(クリエイティブ・テクノロジー)」をテーマにブースを構成。最新モデル「GRAND C4 PICASSO(グランドC4ピカソ)」の日本初公開を予定している。

グランドC4ピカソは、PSAプジョー・シトロエン・グループが新たに開発した新型プラットフォーム「EMP2(Efficient Modular Platform 2)」を採用した、7人乗りミニバンである。パワーユニットには、最高出力156ps/6000rpm、最大トルク24.5kgm/1400-3500rpmを発生する1.6リッター直4ターボエンジンを搭載。日本導入時期は2014年秋を予定している。

同社ではこのほかにも、2013年6月に登場した「DS3カブリオ」と、マイナーチェンジを受けた「C3」を出展。なおC3については、「プジョー208」などに採用している1.2リッター3気筒エンジンを、2014年に搭載するとしている。

(webCG)
 

関連キーワード:
C3, C4ピカソ, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン<エメラルドインテリア>(FF/6AT)【試乗記】 2021.1.27 試乗記 マイナーチェンジで見た目の印象が強まった、シトロエンのコンパクトハッチ「C3」。そのステアリングを握ったなら、つくり手のポリシーを感じるほどの、個性的な乗り味にも驚かされることだろう。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.6 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」が5代目に進化。ルノー“らしい”定評のある走りは健在なのか。そしてルノー“らしからぬ”先進装備の仕上がり具合はどんなものか。最上級グレード「インテンス テックパック」で試した。
  • DS 3クロスバックE-TENSEグランシック(FWD)【試乗記】 2021.2.13 試乗記 フランス生まれの都市型EV「DS 3クロスバックE-TENSE」が上陸。DSブランドならではの先進技術とエレガンスを注ぎ込んだというコンパクトSUVは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 上級グレード「グランシック」で試した。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
ホームへ戻る