マイナーチェンジ後の日産車、ショーでお披露目【東京モーターショー2013】

2013.11.08 自動車ニュース
「日産セレナ」
「日産セレナ」
    拡大

【東京モーターショー2013】日産が「セレナ」「ノート」「エルグランド」のマイナーチェンジモデルを披露

日産自動車は2013年11月8日、「セレナ」「ノート」「エルグランド」のマイナーチェンジモデルを、同年11月20日に開幕する東京モーターショーに出展すると発表した。

「セレナ」のインテリア。
「セレナ」のインテリア。
    拡大

「東京モーターショー2013」には、2013年末から2014年初頭にかけて発売が予定されている、3モデルのマイナーチェンジ版が出展される。
各車の発売時期と主な変更点は、以下の通り。

■「セレナ」:2013年12月発売予定

・二段構えのヘッドランプを始め、フロントからリアにかけてのデザインを変更。さらに「ハイウェイスター」では、新デザインのフロントグリルや16インチアルミホイール、LEDリアコンビネーションランプなどを採用
・ボディーカラーに5色の新色を設定
・「ハイウェイスター」の「ブラックインテリア」、「20G」の「フェザーグレーインテリア」を一新。「ハイウェイスター G」には、先進感と上質感を演出する「プレミアムハイコントラストインテリア」を新たにオプション設定
・「S-HYBRID」FF車の燃費向上
・衝突回避を支援する「エマージェンシーブレーキ」および「LDW(車線逸脱警報)」の標準化

「ノート」
「ノート」
    拡大

■「ノート」:2013年12月発売予定

・「エマージェンシーブレーキ」と「踏み間違い衝突防止アシスト」、「LDW(車線逸脱警報)」、移動物検知機能付き「アラウンドビューモニター」などの装備による、安全性の強化
・スーパーUVカット断熱グリーンガラスの採用(フロントドア部)
・後部中央席にヘッドレストを装備
・ホイールデザインやシート地などの変更(最上級グレード「メダリスト」)

 

「エルグランド」
「エルグランド」
    拡大
「エルグランド ハイウェイスター プレミアム」の「グランドブラックインテリア」。
「エルグランド ハイウェイスター プレミアム」の「グランドブラックインテリア」。
    拡大

■「エルグランド」:2014年1月発売予定

・大型フロントグリルの採用など、エクステリアデザインの変更
・新デザインのメーターの採用
・3列目シートに、前方向240mmのスライド機構を追加
・室内高の拡大(サンルーフ装着車を除く)
・専用のブラック木目やレザーが用いられる「グランドブラックインテリア」を設定(上級グレード「ハイウェイスター プレミアム」)
・全車にクルーズコントロール機能を採用

(webCG)

関連キーワード:
セレナ, エルグランド, 日産, 自動車ニュース

日産 セレナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.4.9 試乗記 「日産セレナe-POWER」に試乗。高い効率性がうたわれる日産自慢の電動パワーユニット、e-POWER。500kmのドライブでその実用燃費を検証するとともに、ファミリーカーのあるべき姿について考えた。
  • 日産が「セレナ」を一部改良 お買い得な新グレードも 2018.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2018年9月6日、ミニバン「セレナ」の仕様を一部変更し、販売を開始した。今回は、マイルドハイブリッド機構「S-HYBRID」搭載車とガソリン車を対象に安全装備の充実を図ったほか、新グレードを設定した。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG S-HYBRID(FF/CVT)【試乗記】 2012.8.31 試乗記 日産セレナ ハイウェイスターG S-HYBRID(FF/CVT)
    ……360万450円

    マイナーチェンジで新しいハイブリッド技術「S-HYBRID」を採用した「日産セレナ」。「スマートシンプルハイブリッド」と呼ばれる、低コストの次世代マイクロハイブリッドを体験した。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
ホームへ戻る