「スバル・レガシィ」のコンセプトモデル、公開【LAショー2013】

2013.11.14 自動車ニュース
「スバル・レガシィ コンセプト」
「スバル・レガシィ コンセプト」
    拡大

【LAショー2013】「スバル・レガシィ」のコンセプトモデル、公開

富士重工業は2013年11月14日、同年11月20日に幕を開けるロサンゼルスオートショーにおいて、コンセプトモデル「スバル・レガシィ コンセプト」を世界初公開する。

「レガシィ コンセプト」は、スバルのフラッグシップモデルである「レガシィ」の、将来的なデザインを示唆するコンセプトモデル。「シンメトリカルAWDがもたらす安心・信頼の走りと、乗員全員の快適な空間をダイナミックかつソリッドなスタイリングで表現した」とされる。

4ドアセダンでありながら、滑らかなルーフラインを持つボディーのサイズは、全長×全幅×全高=4930×1940×1500mmで、ホイールベースは2880mm。造形的には、塊感のあるフロントまわりや、フロントフェンダーからリアのコンビランプに向かって引かれるキャラクターライン、コの字を描くランプ類、265/40RZR21サイズの大径タイヤなどが特徴で、ボディーカラーは「Ocean Silver Metallic(オーシャン・シルバー・メタリック)」と呼ばれる、青みがかかったシルバーが採用されている。

インテリアにおいても、エクステリアと共通の“ダイナミックかつソリッドな質感”が表現される。乗車定員は4人。ブラウン基調のレザーにブルーのアクセントを加えたインテリアは、前席・後席それぞれのセンターコンソール部に、スマートフォンのようにタッチ操作ができるマルチインフォメーションディスプレイが備わる。

その他、“シリンダー形状”のメーターや、立体的なデザインの3本スポークステアリングホイール、ドライバー側にオフセットしたシフターなども特徴。運転支援システム「EyeSight」の次世代型も搭載されており、その作動状況は、ヘッドアップディスプレイで確認することができるという。

(webCG)

関連キーワード:
レガシィB4, スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型スバルWRX 2021.9.10 画像・写真 スバルは2021年9月10日、高性能スポーツセダン「WRX」の新型を米国で世界初公開した。パフォーマンスカーとしての価値と実用的なセダンとしての価値を革新的に進化させたとうたわれる新型の姿を、写真で詳しく紹介する。
  • スバルが新型「WRX」を世界初公開 従来モデルから車両構造を全面刷新 2021.9.10 自動車ニュース スバルが米国で新型「WRX」を世界初公開した。4世代目となる新型は、車両骨格に「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。エンジンは2.4リッターターボで、一部のグレードにはドライブモードセレクターや電子制御サスペンションも採用されるという。
  • MTは当面お預け!? 新型「スバルWRX」の国内仕様を読み解く 2021.9.29 デイリーコラム 2021年9月10日に北米で発表された新型「スバルWRX」は2.4リッターのターボエンジンを搭載しているが、国内向けは一体どのような仕様になるのだろうか。「レヴォーグ」と同じ1.8リッターを積むという声も聞こえてくるが、果たして……。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • ホンダ・シビックEX(FF/CVT)/シビックEX(FF/6MT)【試乗記】 2021.9.24 試乗記 世界的な人気を誇るホンダのグローバルモデル「シビック」がフルモデルチェンジ。約半世紀にわたり歴史を重ねてきた伝統の一台は、この新型でいかなる進化を遂げたのか? ホンダがもてる力の限りを尽くして世に問う、11代目シビックの実力をリポートする。
ホームへ戻る