ルノーが「コレオス」をマイナーチェンジ

2013.11.15 自動車ニュース
「ルノー・コレオス インテンス」。ボディーカラーは新色の「マロンメタリック」。
「ルノー・コレオス インテンス」。ボディーカラーは新色の「マロンメタリック」。 拡大

ルノーが「コレオス」をマイナーチェンジ

ルノー・ジャポンは2013年11月14日、クロスオーバー車「コレオス」をマイナーチェンジして発売した。

従来よりブランドロゴを強調したフロントデザインとした。
従来よりブランドロゴを強調したフロントデザインとした。
    拡大
ボディカラーは「ブランペルレM<メタリック>」。
ボディカラーは「ブランペルレM<メタリック>」。 拡大
室内各所に木目調パネルを採用。
室内各所に木目調パネルを採用。
    拡大
「コレオス」専用設計のBOSEサウンドシステムを搭載する。
「コレオス」専用設計のBOSEサウンドシステムを搭載する。 拡大

■安全装備も強化

新型のフロントデザインはルノーの新デザイン戦略に沿ったもの。従来よりブランドロゴが強調されている。また、安全装備が強化され、「ブラインドスポットワーニング」が採用された。これは、並走する車やオートバイなどが自車に近づくと、警告ランプを点灯させてドライバーに他車の接近を知らせるもの。走行中の死角を減らし、安全性を高めるのが狙い。そのほか、専用設計のBOSEサウンドシステムや助手席4ウェイ電動シートなども装備され、快適性と機能性が高まった。新型の主な新装備は以下のとおり。

・新しいフロントデザイン
・新デザインの18インチ(225/55R18)アロイホイール
・ブラインドスポットワーニング
※35km/h以上で作動。速度差15km/h以内で並走する四輪車または二輪車が、ドライバーの死角から3m以内に近づくと、警告ランプでドライバーに危険を知らせる。
・助手席4ウェイ電動シート
・「ルノー・コレオス」専用設計のBOSEサウンドシステム(7スピーカー、重低音ウーハー、デジタルアンプ)
・クロムモール付き新形状サイドプロテクター
・センターコンソール、シフトノブ、フロントパワーウィンドウスイッチベース部の木目調表面処理

ボディーカラーは、新色の「マロンメタリック」を含む5色が用意される。グレードは「ルノー・コレオス インテンス」のみとなり、価格は374万8000円。

(webCG)

関連キーワード:
コレオス, ルノー, 自動車ニュース

ルノー コレオス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2020.5.18 試乗記 クーペライクなスタイリングを身上とするメルセデス・ベンツのコンパクトワゴン「CLAシューティングブレーク」が、2代目にモデルチェンジ。気の利いたデザインとワゴンならではの機能性を併せ持つこのモデルの魅力を、ひとことで表すと……?
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
ホームへ戻る