ボルボの量産型チューンドカー、2014年半ば登場

2013.11.26 自動車ニュース
ボルボの「V60ポールスター」(写真左)と「S60ポールスター」
ボルボの「V60ポールスター」(写真左)と「S60ポールスター」
    拡大

ボルボの量産型チューンドカー、2014年半ば登場

ボルボ・カー・グループは2013年11月26日、ポールスター社が手がける初のコンプリートカー「ボルボS60ポールスター(Polestar)/V60ポールスター」の概要を発表した。

「S60ポールスター」
「S60ポールスター」
    拡大
「V60ポールスター」
「V60ポールスター」
    拡大

ボルボの量産型チューンドカー、2014年半ば登場の画像 拡大

ボルボの量産型チューンドカー、2014年半ば登場の画像 拡大

セダン「S60ポールスター」とワゴンの「V60ポールスター」は、ボルボのモータースポーツ活動を支えるポールスター社がチューニングを手がけるコンプリートカー。
これまでも同社が開発したチューニングキットや、それを組み込んだ台数限定の特別仕様車が発売されたことはあったが、今回は、初の量産型コンプリートカーとして扱われる。

ベースとなるのは、S60/V60ともに、3リッター直6ターボエンジンを搭載する4WDモデル。ボルグワーナー製の新しいターボとインタークーラーの採用で、350ps/5700rpmと51.0kgm/2800-4750rpmを発生。0-100km/h加速=4.9秒、最高速度=250km/h(リミッター作動)という、ハイパフォーマンスを発揮する。

トランスミッションは、ポールスター社が専用チューニングを施した6段ATのみ。同じくポールスター・チューンのハルデックス製4WDシステム(後輪へのトルク配分が増大)を介して、四輪を駆動する。ローンチコントロール機能も装備。スタビリティーコントロールシステムにも手が加えられている。

その他、オーリンズ製のショックアブソーバーや20インチの専用ホイール、フロント:371mm/リア:302mmのベンチレーテッドブレーキディスク、ブレンボ製の6ピストンブレーキキャリパー(フロント)などで足まわりも武装。
空力性能を向上させるための新しいリアスポイラーやディフューザー、コントロール性に優れるステアリングホイール、サポート性の増したシートなど、内外装についてもグレードアップが図られている。

この「S60ポールスター」「V60ポールスター」が扱われるのは、スウェーデンや日本の他に、アメリカ、イギリス、カナダ、オランダ、スイス、そして中国などの各市場。デリバリーは2014年6月に始まる予定で、日本では台数限定で販売される見込みだ。

(webCG)

関連キーワード:
S60, V60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • アウディA5スポーツバック40 TDIクワトロ アドバンスト(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.15 試乗記 美しいスタイリングで人気を集める「アウディA5スポーツバック」のマイナーチェンジモデルが上陸。本命はやはりシリーズ初登場となるディーゼルエンジン搭載モデルだろう。一般道と高速道路でその仕上がりを試してみた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.20 試乗記 大幅改良を受けた「ポルシェ・パナメーラ」のラインナップの中から、最高出力630PSの4リッターV8ターボエンジンを搭載した「ターボS」に試乗。ニュルブルクリンク北コースで“エグゼクティブカー”の最速タイムを記録したという、その実力の一端に触れた。
ホームへ戻る